Articles

The Minor Scales: ナチュラル、ハーモニック、メロディック

音楽理論やスケールを学ぶとき、ほとんどの人が最初に学ぶのはメジャースケールですが、それらは多くの異なる音楽スケールの一種に過ぎません。 それぞれのスケールは、異なる音程の公式を使用し、全く異なる音と感触を持っています。 8957>

この記事では、さまざまな種類やその形成方法など、マイナースケールについて知っておくべきことをすべて網羅します。

目次

マイナースケールとは何か?

メジャースケールは「より楽しく」「より明るい」音、マイナースケールは「より暗く」「より悲しい」音と言われることが多いですね。

マイナースケールは、メジャースケールとは音と半音(全音と半音)の計算式が違います。

主な違いは、すべてのマイナー・スケールの3音目が「平坦化」されていることです。

平らにするというのは、3番目の音が半音または半歩下がるということです。

メジャーとマイナーの違いについては、Study Bassが詳しく解説していますので、こちらをご覧ください。

マイナースケールの3つの種類

メジャースケールが1種類であるのに対し、マイナースケールには3種類のバリエーションがあります。

今回取り上げる3種類のマイナースケールは、

  • The natural minor scale
  • The harmonic minor scale
  • The melodic minor scale

この3つのマイナースケールはどれも始まりは同じですが、その後若干違いがあります。

余談ですが、旋律的短音階と和声的短音階は、旋律的音程と和声的音程とは何の関係もありません。 全く別物ですが、同じ言葉を使います。

ナチュラル・マイナー・スケール

最初に見ていくマイナースケールは、ナチュラル・マイナー・スケールです。

ナチュラル・マイナー・スケールは、このようにトーンとセミトーン(全音階と半音階)の公式を用います。

T – S – T – T – S – T – T

あるいは全音と半音で表すと、

W – H – W – W – H – W – W

もし、この音程と半音の順序でA音から始めてナチュラルマイナースケールを演奏しようとしたら、キーボード上のすべての白い音(Cメジャーと同じ)を使用するという結果になるのです。

A natural minor scale
A natural minor scale ascending
A natural minor scale descending

このセミトーンと音色の組み合わせでどの音程から始まるナチュラルマイナーのスケールを構成することができるのです。

例えば、Dから始まるナチュラルマイナースケールです:

D natural minor scale

あるいは、今度はEから始まるナチュラルマイナースケールです:

E natural minor scale

ナチュラルマイナーとはエオリアン・モードとも呼ばれる、自然なマイナーを指します。

ここで、モードについてもう少し詳しく説明します。

和声的短音階

2番目のタイプの短音階として、和声的短音階を取り上げます。

この音と半音の組み合わせで、短音階を構成します。

T – S – T – T – S – T1⁄2 – S

あるいは、全音と半音で次のようになります:

W – H – W – H – W1⁄2 – H

調和短音は1音半または3半音の音程を持っていることに注意してください。

そこで、この音と半音の順序を利用して、A音から始まるハーモニック・マイナー・スケールを構成します。

A harmonic minor scale
A harmonic minor scale ascending
A harmonic minor scale descending

見てわかるように harmonic minor はナチュラルマイナーと非常に似ていますね。

唯一の違いは、スケールの7度が半音高くなることです。

イーナチュラルマイナーではGナチュラルですが、ハーモニックマイナーではG#になりますね。

このような半音と音のパターンを維持したまま、任意の音から始まるハーモニック・マイナー・スケールを作り上げることができるのです。

例えば、D ハーモニック・マイナースケール:

D harmonic minor scale

そして、E harmonic minor scale:

E harmonic minor scale

The Melodic minor scale

では3種類目、旋律短音を説明しましょう。

メロディック・マイナー・スケールは、ナチュラル・マイナーやハーモニック・マイナーとはまったく異なり、上昇するときと下降するときに異なる音を使用します。

上昇するメロディック・マイナーは、このように音と半音の組み合わせで使用します。

T – S – T – T – T – S

あるいは全音と半音で:

W – H – W – W – W – H

しかし下降時には(トップダウンで)このような組み合わせを使用します。

T – T – S – T – S – T

あるいは全段、半段で

W – W – H – W – H – W

A melodic minor scale

Ascending Melodic Minor Scale

A melodic minor ascendingを見てみよう。

A melodic minor scale ascending

ここで、ナチュラルマイナーと似ていますが、スケールの第6音と第7音が半音上がっていることが分かります。

私が上行性メロディック・マイナーについて考えたいもう1つの方法は、メジャー・スケールと同じで、3分の1が平らになっているということです。

たとえば、Aメジャー・スケールにはC#がある、それが唯一の違いです。

A major scale

Descending Melodic Minor Scale

しかし、メロディック・マイナーは下降時に同じ音を使わない点が異なります。

A melodic minor scale descending

ここで、下降するメロディック・マイナーは、ナチュラル・マイナー・スケールと全く同じであることに気づくかもしれませんね。

ここに、D音から始まるメロディック・マイナー・スケールがあります:

D melodic minor scale

あるいは、E melodic minor scaleがあります。

E melodic minor scale

ナチュラル、ハーモニック、メロディックマイナーの違い

3種類のマイナースケールを簡単におさらいしておきましょう。

ナチュラル・マイナー:

  • 上行と下行が同じ
  • T・S・T・S・T・Tの公式を使用

ハーモニック・マイナー:。

  • 上行と下行が同じ
  • 公式を使う T – S – T – S – T1⁄2 – S
  • 第7音を上げる

メロディック・マイナー:

  • 上行と下行は異なる
  • 上行はこのパターンで行われます。 T – S – T – T – T – S
  • descending 彼らはこのパターンを使用します。 T – T – S – T – T – S – T
  • 上昇する6音と7音(メジャースケールのように)
  • 下降する6音と7音(ナチュラルマイナースケールのように)

でも、3つのマイナースケールには必ず平坦化した3音が入っていることを思い出してください。

つまり、メジャー・スケールよりも半音低いということです。

それが、メジャー・スケールではなく、マイナー・スケールである理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。