Articles

Tapering of Parkinson’s Drug May Lead to Severe Withdrawal Symptoms

ドーパミン作動薬の減量は、一部のパーキンソン病患者において深い障害につながる可能性があると、Archives of Neurology 1月の研究により明らかにされました。

ドパミンアゴニスト離脱症候群(DAWS)を経験した患者には、コカインなど他の精神刺激薬からの離脱に伴う症状と類似した症状があります。 これらの症状には、不安、パニック発作、広場恐怖、抑うつ、不快感、疲労、痛み、薬物渇望が含まれ、レボドパや他のパーキンソン病治療薬では軽減されないと、ニューヨーク市Weill Cornell Medical College神経科のChristina A. Rabinak, BSE, and Melissa J. Nirenberg, MD, PhDが報告した。
DAWSを経験したすべての患者はベースラインで衝動を制御できない状態にあったという。 これらの患者のうち4名に不安症の既往があり,2名にうつ病の既往があり,3名に喫煙の既往があり,2名に大麻の使用歴があった。 DAWS患者は、ベースラインのドパミンアゴニスト投与量が多く、累積ドパミンアゴニスト曝露量も多かった。 また、DAWSを発症した患者は、発症期間が同等で、ドパミン作動薬の総使用量が同等であったにもかかわらず、統合パーキンソン病評価尺度(UPDRS)の運動スコアが発症していない患者よりも「かなり低かった」。したがって、研究者は、DAWSにかかりやすい患者は、比較的良性の運動表現型を有していると推察している。

これらの知見に基づき、著者らは「ドパミンアゴニストを中止する際には必ず患者(特に衝動制御障害を持つ患者)を綿密に観察する」よう推奨している。 さらに、彼らは医師が「ドパミンアゴニストの累積曝露量が多いとDAWSのリスクと重症度が高まり、ドパミンアゴニストの中止が成功し衝動制御障害が解消する可能性が低下するようなので、衝動制御障害が発症したらすぐにドパミンアゴニストの漸減を強く検討する」よう勧めている。”
「DAWSは通常、投薬不足または投与終了時の消耗と誤解されたが、すべてのケースでレボドパに不応であることが証明され、患者がオン状態にあるときや著しく過投薬であっても持続した」と研究者は述べている。 「また、あまり一般的ではありませんが、この症状は原発性精神疾患と解釈されました。 全ての症例において、症状はドパミンアゴニストの離脱と時間的に相関し、ドパミンアゴニストの補充により迅速かつ選択的に寛解し、薬剤特異的な離脱症候群と一致した。” と研究者は述べています。

研究者らは、非精神病のパーキンソン病患者93人を対象にレトロスペクティブ・コホート研究を実施した。 系統的な記録レビューを用いて、「用量依存的にドパミンアゴニストの離脱と相関し、臨床的に重大な苦痛や社会的/職業的機能障害を引き起こし、レボドパや他のパーキンソン病薬に抵抗性があり、他の臨床要因で説明できない、重篤で定型的な身体的/心理的症状の群」と定義したDAWS全例が確認された。 DAWSを発症した参加者は、何事もなくドパミンアゴニストの離脱を行ったコホートと比較されました。

40名(43%)がドパミンアゴニストによる治療を受けており、26名(28%)が通常の患者ケア中にドパミンアゴニストを漸減させた。 ドパミンアゴニストの副作用として知られている衝動制御障害(強迫性摂食,強迫性購買,病的賭博,性欲亢進など)の存在は,用量を漸減する理由として最も多く,15名に発生した(ドパミンアゴニストによる治療を受けた者の38%,ドパミンアゴニストを漸減させた者の58%)。 過眠症、精神病、錯乱、認知障害、めまい、起立性低血圧、末梢性浮腫も減薬の理由とされた。 13名の参加者はドパミンアゴニストの投与を中止し、13名は投与量を減らしたが、いずれもレボドパの投与量は代償的に増加した、と研究者は述べている。

薬剤を漸減させた26名のうち、5名(19%)がDAWSを発症し、不安、パニック発作、うつ、不快感、焦燥、不眠、全身疼痛、薬剤渇望などを含む定型的な症状がみられたという。 「すべての症例において、これらの症状の発現はドパミンアゴニストの漸減開始と相関しており、症状の重症度は漸減に伴い増加した」と、研究著者らは報告しています

-Colby Stong

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。