Articles

Pregnancy & Scoliosis: How Exercise and Adjustments can Improve the Labor

妊娠が判明し、まず疑問に思うのが「側湾症は自然分娩に影響しないか」。 側湾症は自然分娩に影響を与えるのでしょうか?側湾症と帝王切開の関係については、様々な意見がありますが、側湾症の方の中には、自然分娩を経験され、ほとんど問題なく出産された方も多くいらっしゃいます。

妊娠中の腰痛や変化

側湾症の患者さんの中には、リサーチや積極的な健康のために来院される方もいらっしゃいますが、多くのお客様は、経験している症状からママーズに来院されるのです。 頭痛、腰痛、睡眠障害など、妊娠中期にはリラキシンというホルモンが身体に大きな影響を及ぼし、靭帯が赤ちゃんの成長に対応するために準備されることが分かっています。 定期的にアジャストメントを行うことで、体のアライメントを整え、体の不調を緩和し、コミュニケーションを取りやすくすることができます。 体が正しいアライメントになると、多くの患者さんが、いくつかの症状が改善されたと報告されます。 特に、すでに第一子や第二子を出産された妊婦さんがカイロプラクティックを紹介されると、よくわかりますね。 定期的なアジャストメントを行わないと、以前の妊娠中に経験した問題が軽減された、あるいは緩和されたと言われるのです。

背骨の湾曲を完全になくすことはできないかもしれませんが、妊娠中は身体の姿勢やバランスを整え、出産に向けて骨盤を整える絶好の機会です。 側湾症でない妊婦さんでも、カイロプラクティックの定期的なケアにエクササイズを加えることで、アジャストメントがしっかりと機能し、出産に向けて筋肉が適切に調整されるようになることが多くあります。

出産時の正しい姿勢と拡張

カイロプラクティックは、妊娠中に「気持ちよく」なるためだけのものではありません。 脊柱側弯症のある多くの妊婦さんは、脊柱側弯症から曲がった腰の中で赤ちゃんの位置がおかしくなり、出産で「失速」してしまうことがあります。 脊柱のカーブが腰にどのように影響するかにもよりますが、定期的にエクササイズやアジャストを行うことで、体のバランスを改善し、赤ちゃんの位置も良くすることができます。 私のクライアントの一人は、一人目の赤ちゃんの頭が曲がっていたため、陣痛の移行期に停滞してしまいましたが、二人目の赤ちゃんを受け入れるための具体的なエクササイズと調整を行い、一人目のときに起こったような拡張の問題を回避しているところです。

全体的に、積極的な健康管理の観点から、赤ちゃんの位置決めのためのアライメントを助ける、長期的な姿勢の改善、腰痛やその他の症状の調整など、側湾症の妊婦さんが妊娠中に定期的にカイロプラクティックを受けることで得られる結果に満足していることがわかっています。 脊椎のカーブが妊娠、出産、陣痛に影響を与えるかもしれないと心配するよりも、アジャストメントを行うことで安心感を得ることができるのではないでしょうか。 正しいアライメントを保ち、出産に必要な明晰さを備えた身体で、出産体験に臨むことができるのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。