Articles

Oral Contraceptives Are Not an Effective Treatment for Ovarian Cysts

Practice Pointers

経口避妊薬は卵巣嚢腫の発生抑制に高い効果があることが長く知られています。 ある研究では、経口避妊薬を服用している女性の卵巣嚢腫発症の相対リスクは、経口避妊薬を服用していない女性と比較して0.22(95%信頼区間、0.13~0.39)であった1。経口避妊薬は卵巣嚢腫の治療によく用いられるが、著者らは、これが適切かどうかを明らかにしようとしたものである。 このレビューには、8件の無作為化対照試験が含まれています。 6278>

5つの試験は、自然に発生した卵巣嚢腫を対象とし、合計398人の女性を対象としたものである。 最も大きな試験には141人の女性が参加し、そのうち4つの試験はトルコで実施されました。 これらの試験で使用された経口避妊薬は,エチニルエストラジオールとデソゲストレルまたはレボノルゲストレルが併用されたものでした。

合計288人が参加した3つの試験では、医学的に排卵が誘発された女性の卵巣嚢腫に対する経口避妊薬の有効性が評価されました。 これらの試験では、クロミフェン(排卵誘発剤)、ヒト閉経期ゴナドトロピン、ヒト絨毛性ゴナドトロピン、またはこれらの薬剤の組み合わせにより排卵が誘発されました。 これらの試験の適格基準には、少なくとも直径1.5~2cmの付属器嚢胞の存在が含まれていました。 参加者は、一相性経口避妊薬または妊産婦管理に無作為に割り付けられた。 無作為化、盲検化、およびサンプルサイズの推定に関する問題は、3つの研究すべてに共通であった。

このレビューに含まれる研究に共通する所見は、2~3周期で消失しない卵巣嚢胞は、しばしば病理学的な性質を持っているということであった。 例えば、経口避妊薬または妊産婦管理に無作為に割り付けられた女性62人を対象とした2003年の研究では、19人の女性に持続性嚢胞があり、その後腹腔鏡検査を受けた2。嚢胞のうち6つが漿液性嚢胞腺腫、4つが子宮内膜腫、2つが粘液性嚢胞腺腫、1つが粘液性嚢胞腺線維腫であった。 残りの6個は濾胞性嚢胞であった。 この結果は、機能性嚢胞は通常8~12週間で消失するという一般的なコンセンサスを反映している。3 これらの所見は、50mm未満の卵巣嚢胞は最大3周期まで予期して管理し、治療に経口避妊薬を使用しないという現在のガイドラインの勧告とも一致している4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。