Articles

OnePlus, Xiaomi Top List of Phones Emitting Highest Radiation Levels, Samsung Phones Emitting Lowest: Technology News OnePlus, Xiaomi Top List of Phones Emitting Highest Radiation Levels, Samsung Phones Emitting Lowest: レポート

ドイツ連邦放射線防護局(Bundesamt für Strahlenschutz)の調査によると、現行のスマートフォン機種一覧でXiaomi Mi A1が最も高い放射線レベルを放出しており、OnePlus 5Tがそれに続いていることがわかりました。 Statista — ドイツの機関から提供されたデータに基づいて作成された、最も放射線を出しているスマートフォン上位16機種のリストは、XiaomiとOnePlusによるモデルが大きく占めているのに対し、サムスンの携帯電話は放射線レベルの低いモデルの範囲をリードしていることが判明しています。 特に、Samsung Galaxy Note 8とZTE Axon Eliteは、比吸収率(SAR)が0.17ワット/キログラムと、最も放射線を出さないスマホとして浮上しています。

Statista が発表したリストによると、Xiaomi Mi A1は比吸収率が1.74ワット/キログラムと最も放射線を出し、2位に入った OnePlus 5Tは吸収率が1.68ワット/キログラムとなっていることがわかります。 Mi Max 3は比吸収率が1.58ワット/キログラムで3位に位置しています。 OnePlusの最新フラッグシップであるOnePlus 6Tも、1kgあたり1.55ワットの吸収率で、最も高いレベルの放射線を発する5機種の中に入っています。

Xiaomi と OnePlus は、最も放射線を発する携帯電話のリストで大きく取り上げられており、上位16機種のうち8機種は彼らのブランドの1つを搭載しています。 しかし、このリストには、1kgあたり1.38ワットの吸収率を持つiPhone 7も含まれており、OnePlus 5のすぐ隣には、1kgあたり1.39ワットの吸収率を持つことが判明しています。

Xiaomi Mi A1が最も放射線を出していると主張

Photo Credit: Statista

Statistaでは、Google Pixel 3 XL、Pixel 3、Apple iPhone 8などプレミアムモデルも高いレベルの放射線を出していると紹介されています。 しかし、リストにサムスンのモデルはありません。

広告

これに対し、Statistaがまとめた最も放射線を出さないスマホのリストでは、Galaxy Note 8、Galaxy A8(2018)、Galaxy S8+、Galaxy S7 Edge、Galaxy S9+など、サムスンのモデルを取り上げています。 また、ZTE Axon Elite、LG G7 ThinQ、HTC U11 Life、Moto G5 Plusなど、放射線の量が大幅に少ないモデルも掲載されています。

Samsung Galaxy Note 8とZTE Axon Eliteは最も放射線を出さないことを示している

広告

Photo Credit: Statista

StatistaのMartin Armstrongが投稿で指摘しているように、携帯電話の安全レベルについて、世界共通のガイドラインはないのである。 しかし、ドイツの「Der Blaue Engel」(ブルーエンジェル)と呼ばれる環境配慮の認証は、特定の吸収率が1kgあたり0.60ワット未満のモデルのみを認証しています。

広告

ドイツ連邦放射線防護局による携帯電話の完全データベースを見て、あなたの携帯電話が放出する放射線レベルを確認することも可能です。

XiaomiはStatistaのレポートについてGadgets 360に声明を出し、「インドで販売されているすべてのXiaomiスマートフォンはSAR値に関する法律を遵守しており、制限値を十分に下回っています。 Mi A1のインドでのSAR値は1.26W/kg(頭部)、0.17W/kg(身体)です。 同レポートで共有されている数値は、ドイツでの試験(インドとはSARの試験条件や数値の基準が異なる)で得られたものであり、インドでのSAR値と比較することはできません。 参考までに、インドでは1.6W/kgが上限であるのに対し、ドイツでは2.0W/kgとなっています」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。