Articles

Jidoka – 定義、起源、利点

自動的にエラーを検出したいですか? それは、Jidokaのリーン生産の原則では問題ありません。

リーン生産の方法は、すべてのプロセスが段階的に改善できるという前提に基づいています。 この考えは、継続的改善プロセスにおいて最も純粋な形で見ることができます。 しかし、この哲学全体を支えているのは、最終的に本当に完璧を達成することはできないという認識です。 しかし、日本の「カイゼン」の思想は、この前提を徹底的に肯定的にとらえることを説いています。 つまり、完璧が無理なら、常に改善の余地があるということです。 しかし、7つのムダをはるかに超え、重大な影響を及ぼす可能性のあるエラーについてはどうでしょうか?

リーン生産の世界

無駄を減らし付加価値を高める – リーン生産方式では、生産効率に的を絞って改善することが可能です。
GET YOUR COPY NOW

Jidoka is detect errors in real time

Just-in-time と並んで、Jidoka はトヨタ生産方式、つまりリーン生産全般の 2 本柱の 1 つとなっています。 地道な作業により、問題が発生すると自動的にシステムや機械のスイッチが切れる。 この発想は、豊田佐吉(1867-1930)が開発した自動織機に端を発している。 これは豊田佐吉(1867-1930)が開発した自動織機に端を発し、糸が切れると機械の部品が作動して織機が自動的に停止する仕組みになっています。 Jidokaは、佐吉のアイデアをセンサーなどの監視システムによって実現した現代版です。 逸脱や故障が発生すると、機械が自分でそれを検知して、いわば勝手にスイッチを切ってくれるのだ。 同時に、従業員が介入して問題を解決するように促す。

欠陥のある部品や製品は、地道な作業によって慎重に回避することができる。

ただし、この方法では完全な自律(autos=自己、nomos=法則)機械には至らない。 機械が停止したら、今度は人間が介入して、機械や部品の技術的な問題を解決し、原因を解明し、対策を検討することになる。 該当するスタッフには、この問題を解決することが明示されている。 それがまさに「地道」なのだ。 トヨタで実践されているように、問題解決を通じて継続的な改善を促すのである。

当初、地道は生産を中断させるので、生産性にとって不利に見える。 しかし、このデメリットをはるかに上回るメリットがある。 Jidokaは、CIPツールボックスの中の効果的なツールであり、問題を根絶し、迅速に解決するのに役立ちます。 その結果、その後の品質保証に費やす時間を短縮することができます。 同時に、このアプローチは、欠陥が検出されないままだと不必要なストレスにさらされる機械のケアにもなります。

ポカヨケとジドカの関係

もうひとつのリーン方式は、ゲンバでのエラーを回避することに重点を置いています。 ゲンバとは、実際に価値が生み出される場所、つまり生産の場合は作業場のことです。 ここで、ポカヨケが登場します。 ポカヨケというと、地道と混同される方もいるかもしれませんが、実は両者は明確に区別できるのです。 ポカヨケは、特定のプロセスや信号を用いて、既知の不具合を回避するための専用のエラー防止システムです。 ポカヨケは、特定のプロセスとシグナルを使用して、既知のエラーを回避するための専用のエラー防止システムです。 一方、「自働化」は予防型ではありません。 しかし、「地道」は予防策ではなく、すでにエラーが発生している場合に介入するものです。

リーン生産の世界での応用や原則に興味がありますか? それなら、私たちはあなたが探しているものだけを用意していますよ。 右上のボックスに記入して、アイテムブログを購読してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。