Articles

FirstCry Parenting

私たちが守っている、頻繁に水を飲み、健康全般と水分補給のための一定の条件を満たすというルールは、赤ちゃんには当てはまりません。 そこで、重要な疑問が生じます。 新生児は何カ月から水を飲めるのでしょうか? 赤ちゃんが脱水症状を起こすと、どのような症状が現れるのでしょうか? 1ヵ月児が水を飲めるのかどうか、疑問に思う人もいるかもしれませんね。 7288>

ビデオ:赤ちゃんに水を与える方法について、関連する正確な詳細を見てみましょう。 赤ちゃんへの水の与え方

赤ちゃんはいつから水を飲めるの?

多くの新米パパママは、赤ちゃんの食事にいつ水を取り入れたらよいのか迷っているようです。 毎日大量の水を摂取しなければならない大人とは異なり、乳児の場合は違います。

生後4ヵ月

母乳育児の場合、母乳は乳児の食事と水分の必要量をすべて満たすスーパーフードと考えられているので、追加の水は必要ない。 母乳には、赤ちゃんが水分補給するために必要な量の水分が含まれているからです。 つまり、必要に応じて授乳する限り、新生児に追加の水を与えることを心配する必要はないのです。

粉ミルクで育てる赤ちゃんも、追加の水をあまり必要としません。 ほとんどの育児用ミルクには、十分な希釈のために加えるべき水の量が具体的に書かれています。 この指示に従い、赤ちゃんの月齢に合わせて粉ミルクの濃さを調整すると、時間通りに授乳するときに十分な水分を保つことができます。

5~8ヵ月

この時期に赤ちゃんは水を飲むべきでしょうか? この点については、厳密な決まりはありません。 生後6カ月までは、母乳やミルク以外のものを飲ませる必要はありません。 水が飲めるようになるのは、新生児期を過ぎ、母乳以外の食品に徐々に移行してからが一般的です。

赤ちゃんは通常、生後5~8ヵ月で固形食を開始します。 この時期には、1日に数回、シッピーカップに入れて水を飲ませることができます。 母乳やミルクで育てているのであれば、あまり頻繁に与える必要はありません。

9~12ヵ月

1歳くらいになったら、母乳を続け、食事のときにコップで水や薄めたジュースを与えてもよいでしょう。 ただし、炭酸飲料や人工甘味料入りの飲み物は与えないようにしましょう。 新米ママは、赤ちゃんが必要とする水分量に戸惑うことがあるかもしれません。 赤ちゃんはまだ小さく、のどの渇きを表現することができないため、赤ちゃんが適切に水分補給できていないのではないか、母乳に水分を補ったほうがいいのではないか、と心配になるかもしれません。 赤ちゃんは一般的に、さまざまな信号や音でコミュニケーションをとり、水飲み器を指さしたり、手話で水を欲しがっていることが多いようです。 授乳中、食べるのを嫌がったり、食べ物を飲み込んだりしたら、水が必要な証拠です。 水が与えられると、赤ちゃんは必要な量だけ飲みます。 給水カップを取り上げられると、泣いたり、前かがみになって給水カップに手を伸ばすことがありますが、これはもっと水が必要なことを示しています。 グリズリングは、お腹が痛いときや、動作がうまくいかないときに見られる連続した柔らかい泣き声で、一般に水分の摂取が不十分なことが原因です。

乳児に水を与えるのは、固形食を始めてからにしましょう。 1歳までは、腎臓が十分に成熟していないので、あまり多くの水を代謝することができません。 そのため、必要な水分量はごくわずかです。 しかし、赤ちゃんに少しずつ水を飲ませることで、水の味に慣れさせることは可能です。 哺乳瓶やシッピーコップに水を入れて、のどの渇きを訴えたときに数回飲ませるとよいでしょう。

赤ちゃんに与える水の量

生後6ヶ月の赤ちゃんにどのくらいの水が必要なのか気になる方は、お子さんとその食習慣によって異なることを知っておく必要があります。 もし、まだ母乳で育てているのなら、数口飲めば十分満足します。 母乳やミルクから必要な水分を摂取していれば、赤ちゃんが脱水になることはまずありません。 だから、心配することはありません。 生後4カ月未満の赤ちゃんには、別に水を与える必要はありません。

赤ちゃんの水中毒

健康な大人であれば、水の飲みすぎで取り返しのつかないことになることはありませんが、小さな赤ちゃんにとってはかなり危険なことなのです。 生後6カ月未満の子どもに水を与えすぎると、母乳や粉ミルクから栄養を吸収しようとする体の自然な能力が損なわれてしまいます。 短時間に大量の水を飲むと、体内のナトリウム濃度が低下してしまいます。 腎臓は一度に大量の水を処理できるほど成熟していないので、水中毒と呼ばれる危険な状態になることがあります。 もし赤ちゃんに水中毒の症状(目がかすむ、イライラする、水を飲んだ後に疲れるなど)が見られたら、すぐに医師の診察が必要です。 水を飲み過ぎると、赤ちゃんは発作を起こすことがあります。 これは、乳児に水泳の指導を行うのが賢明でない理由と同じです。 7288>

ADVERTISEMENT

Do Babies Need to Drink Water Sometimes?

生まれたばかりの赤ちゃんは水を飲む必要はありませんが、大きくなるにつれて体が水を必要とするようになります。 ですから、赤ちゃんの成長に合わせて、安心して水を食事に取り入れてください。 生後4~6カ月までは、30ml程度の水を飲んでもかまいませんが、それ以上の量は制限しましょう。 生後9ヵ月から1歳になったら、少しずつ水分の摂取量を増やしていきましょう。 1歳を過ぎると、体内システムが十分に成熟し、大量の水を飲めるようになります。

水分補給に関するFAQ

幼い赤ちゃんに水を与えることに関する最も一般的な疑問について説明し、さらなる混乱を解消しましょう。

注意事項

生後6ヶ月またはそれ以下の赤ちゃんに水を与えても安全ですか?

生後4~6ヶ月の赤ちゃんには、いつでも水を数口与えてもよいという答えがあります。

粉ミルクは水で薄めてもいいのですか?

すぐに使える粉ミルクなら、水を加える必要はないかもしれません。 しかし、粉ミルクを使用している場合は、水を加えて混ぜ合わせる必要があります。 推奨されるよりも多くの水を混ぜると、発作などの合併症を引き起こす可能性があるので注意しましょう。

ADVERTISEMENT

When Can Babies Drinking Water?

多くの親が、いつから水を与えてよいのかについて悩んでいます。 先に述べたように、母乳やミルクで育っている赤ちゃんは、追加の水を必要としません。

脱水症状になったら?

母乳だけで育てている赤ちゃんは、脱水になる可能性は非常に低いです。

注意事項

母乳を与えている赤ちゃんに水を与えてもよいですか?

母乳を与えている赤ちゃんに水を与えることは推奨されません。 赤ちゃんの水分の必要量は、母乳自体で満たされます。

赤ちゃんに水を与えすぎると、発作の兆候が出ることがありますか?

はい。 これは、劇的な発作を引き起こす可能性のある、非常に危険な状態です。 また、水の入れすぎでナトリウム濃度が低下するため、赤ちゃんの体にも大きな影響を与えます。

水は、生物が生きていくためにどうしても必要なものです。 大人になると、最適な健康のために毎日たくさんの水を飲み、1日の推奨摂取量を満たすよう勧められますが、赤ちゃんの場合はそうではありません。 赤ちゃんが健康でいられるように、お医者さんの勧める水を与えるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。