Articles

Bolshoi Ballet

Bolshoi Ballet、(ロシア語で「大バレエ」)、ロシア(およびソ連)の主要バレエ団で、19世紀のクラシックダンスの伝統を守り、古典や子供向けバレエを精巧な演出で上演して有名である。 ボリショイ・バレエは、1825年、モスクワの新ボリショイ劇場が、1776年に設立された前身であるペトロフスキー劇場のバレエ団を引き継いでこの名前となった。 後に「モスクワ・スタイル」と呼ばれるようになったこのバレエ団のスタイルは、サンクトペテルブルクのバレエ団の特徴である伝統的なスタイルよりも、ロシアのフォークロアの影響を受けたのびのびとしたものだった。

19世紀を通じて、マリウス・プティパ、カルロ・ブラシス、アルチュール・サン=レオンなどの著名な振付家がボリショイ劇場で作品を上演した。 19世紀末に衰退した後、1900年にアレクサンドル・ゴルスキーがバレエ団長に任命された。 ゴルスキーは再び一流のバレエ団を作り上げ、それ以来の特徴である風景や衣装のリアリズムを導入した。 1960年代には、ボリショイ・バレエ団は世界でも有数のバレエ団となった。 1964年から1995年まで、ユーリ・グリゴローヴィチが芸術監督を務めた。 ボリショイ・バレエ学校は、1961年以降、モスクワ・アカデミック振付学校として公式に知られている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。