Articles

Appendix May Actually Have a Purpose

Oct.12, 2007 — 低い位置にある虫垂には、結局のところ目的があるのかもしれません。

新しい研究では、一見役に立たないように見える器官が、腸内でたむろする良いバクテリアの安全な避難所を提供することが示唆されました。

研究は、この提案された虫垂の目的を直接証明するには至らなかったものの、腸の健康に関するバクテリアの役割に関する新しい情報に基づいて、研究者によれば、強い主張があるそうです。

「決定的な証拠はありませんが、豊富な状況証拠から、善玉菌が必要とされるまで安全かつ邪魔されずに生きられる場所として、虫垂の役割を強く主張します」と、デューク大学医療センター実験外科助教授のウィリアム パーカー博士はニュースリリースで述べています。

虫垂は、大腸と小腸が出会うところの近くにある2~4インチの小さな袋状の部分です。 除去しても目立った症状が出ないため、医師たちは何年もこの器官の正確な機能について議論してきました。

虫垂に関する研究の実施は困難であるため、人間の虫垂についてはあまり知られていません。 この器官を持つ動物は数少なく、動物の虫垂は人間の虫垂とは非常に異なっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。