Articles

45.6B: Movement and Migration

Kinesis and taxis

生来の行動のもう一つの活動や動きはキネシス:刺激に応じて無方向の動きをすることである。 オルソキネシスとは、刺激に反応して生物の運動速度が増加したり減少したりすることである。 例えば、キジラミは高温や低温にさらされると移動速度が速くなる。 この動きはランダムではあるが、虫が不利な環境にいる時間が短くなる確率が高くなる。 もうひとつの例は、旋回行動が増える「クリノキネシス」である。 大腸菌などの細菌が示すもので、オルトキネシスと関連して、生物がより快適な環境をランダムに見つけるのに役立ちます。

キネシスと似ていますが、より方向性のあるバージョンとして、刺激に向かってまたは刺激から離れる方向性のある動きであるタキシスがあります。 この動きは光(光走性)、化学シグナル(走性)、重力(地走性)に反応することができる。 この運動は、刺激源に向かう方向(正)にも、刺激源から遠ざかる方向(負)にも動くことができる。 正の走化性の例として、単細胞の原生生物であるTetrahymena thermophilaが挙げられます。 この生物は繊毛を使って泳ぎ、あるときは直線的に、またあるときは旋回しながら移動する。 化学走性物質が、濃度勾配の増加に従って、生物がその供給源に直接向かって移動するとき、旋回する頻度が変化する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。