Articles

2020年の月食。 月食は妊婦に有害か?

野いちごの季節を迎え、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリア、南米では、2020年2回目の半影月食が開催される予定です。 6月5日午後11時15分から午前2時43分(日本時間)にかけて、太陽、地球、月の位置が不完全になり、地球が月の表面に影を落とし、太陽の光の一部を効果的に遮るこの天体イベントを目撃することができます。 このような日食は「皆既半影食」と呼ばれる。 このタイプの日食では、月は地球の外側の領域である「半影」に覆われるだけで、完全に闇に覆われることはありません

ALSO READ: 月食は有害か? 月食の悪影響とは?

この現象が天体であることを考慮すると、「チャンドラ・グラハン」つまり月食にまつわる迷信や神話がしばしば登場しますが、そのすべてが科学的とは言い切れないのです。 日食の最初の記録は、ヒンズー教の文献にある紀元前1400年から1700年にさかのぼる。 月食は、月の南ノード「ケトゥ」によって引き起こされる。 月食とセットで語られることの多い縁起の良さは、人間の生活に対する惑星の影響を研究することに由来している。 4297>

– 妊婦は日食の影響を受けやすいとされており、日食の前後には断食や入浴をすることが勧められている。

– 月食は肉眼で見ることができ、特に損傷はありません。

– 日食の期間中はすべての水が聖なるものになるので、罪を洗い流すのに良い時期とされています。

日食が妊婦や胎内の子供の健康に影響を与えるというのは通説となっているようですが、実際はどうでしょうか? 月食は、インドのものを含む多くの文化で、悪い前兆と呼ばれています。 このような迷信は今日でも深く根付いていますが、そのほとんどは科学的な裏付けがありません。 ここでは、良いことよりも悪いことをしかねないいくつかの誤解を紹介します:

– 日食の間は食べてはいけない。 日食の時間帯に食べ物が腐るという証拠はありませんが、妊婦の場合、長時間飲食しないと低血糖になり、母親と赤ちゃんの両方に害を及ぼす可能性があります

– すべての窓を覆うこと。 日食のときは紫外線が目を傷つけ、失明することもあるので意味がありますが、月食の場合はそうではありません。 日食を直接見ても大丈夫です。

– 外出は控える:妊婦は毎日4〜5時間休むように言われていますが、日食中に外に出ると害があるという証明はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。