Articles

飽和脂肪:2型糖尿病コントロールの敵

糖尿病のコントロールが悪くなる食事といえば、炭水化物や砂糖が多い食事を思い浮かべる人が多いかもしれませんね。 これらの食事は血糖値に影響を与えますが、飽和脂肪酸の摂りすぎも糖尿病のコントロールには敵になります。 なぜなら、糖尿病予備軍、2型糖尿病、2型糖尿病の悪化の特徴として、インスリン抵抗性があるからです」

飽和脂肪とインスリン抵抗性

まず、インスリンとは何でしょうか? インスリンとは、血糖値をコントロールするために膵臓から分泌されるホルモンです。 インスリンは、血液中の糖分を貯蔵とエネルギーのために細胞に移動させるのを助けます。 言い換えれば、インスリンは筋肉細胞の扉を開けて糖分を取り込む鍵なのです。 インスリン抵抗性とは、インスリンが糖を細胞内に移動させるのにうまく反応せず、結果として血糖値が上昇してしまう体の状態のことを言います。 インスリン抵抗性の病態生理はやや複雑ですが、わかっているのは飽和脂肪酸が関与していることです。 1927年以来、脂肪の摂取が増えると、血糖が細胞に入るプロセスが遅れ、血流中に糖が長く滞留することが知られています1。動物実験とヒト実験の結果からも、飽和脂肪の大量摂取は、インスリン抵抗性と2型糖尿病の発症に関連していることが明らかになっています2。 また、太り過ぎや肥満の人は、インスリン抵抗性のリスクが高くなります。

すべての脂肪が悪いわけではない

言葉の意味合いとは逆に、すべての脂肪が不健康というわけではありません。 ここでは、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つの主な脂肪源に焦点を当てます。 飽和脂肪酸は、赤身の肉や乳製品などの動物性食品によく含まれています。 一方、不飽和脂肪は主に植物性食品に含まれ、オリーブオイル、ナッツ類、アボカドなどに含まれます。 糖尿病患者の場合、飽和脂肪酸はインスリン抵抗性を引き起こすのに対し、不飽和脂肪酸はインスリン感受性を改善することが研究で明らかにされています3。 植物性食品は飽和脂肪が少ないだけでなく、一般的に低カロリーで、体に栄養を与える栄養素や繊維がたっぷり含まれています。

インスリン抵抗性を改善する方法

ライフスタイルの変化、特に食事は、2型糖尿病の根本原因の一つであるインスリン抵抗性に対処します。 動物性食品は飽和脂肪酸を多く含むため、植物性の食事にすることが解決策となります。 植物性の食事には、一般に豆類、全粒穀物、果物、野菜、ナッツ類が含まれ、ほとんどの動物性食品や精製された食品は控えます。4 50年にわたる約89,000人を対象としたAdventist 2の研究では、ベジタリアン食を食べる人の糖尿病発症率が大幅に低下することが実証されています。 この研究では、週に1回以上肉を食べる人は、糖尿病の発症率が有意に高いことも示唆されています。5 植物ベースの食事は、動物ベースの製品を含む食事と比較して、血糖値、体重、心血管リスクの低減に効果的であることも示されています6。

DASH食、ヘルシー地中海食、ヘルシーベジタリアン食などの植物ベースの食事パターンは、栄養疫学、ランダム化比較介入試験、およびほとんどの文献によると、より健康で病気のリスクが低いことと関連していることが示されている7。 さらに、減量の有無にかかわらず、運動はインスリン感受性を向上させ、体が自然に生成するインスリンをうまく使うことができるようになります8。 年齢や性差を調整した結果、糖尿病患者の平均医療費は、糖尿病でない人の約2.3倍であることが示されています9

コントロールできない血糖値の危険性

血糖値のコントロールは、血流中に多量のブドウ糖が長くあるほど、血管、神経、組織への損傷が大きくなるため重要なことです。 したがって、糖尿病の方は、少なくとも年に一度は足や目、腎臓を医師にチェックしてもらうことが非常に重要です。 10 植物ベースの食事は、血糖コントロールの改善を実証しており、2型糖尿病の長期合併症の発生を抑制または予防できる可能性があります。

あなたにできること

植物ベースの食品をもっと食べることについて医師または栄養士に相談してください。 また、食事療法としてではなく、ライフスタイルの選択として、食べるものを変えることを考える方が簡単かもしれません。 摂取する食品を少し変えるだけで、長い目で見れば健康に大きな影響を与えることができます。 健康的な食事は、高価である必要はありません。 旬の食材を買ったり、近所の99セントストアを利用したりするのも、お金を節約しながら健康を維持するのに有効な方法です。 菜食主義者でなくても、植物性食生活の良さを体験することができます。 5

Key Takeaways

つまり、植物性食品の摂取量を増やし、動物性食品の摂取を最小限に抑え、身体活動を増やし、糖尿病の薬を定期的に服用するよう努力すれば、血糖値と健康全般に良い影響を与えることができます!

Key Takeaways

まとめ:植物性食品を食べる量を増やして、動物性食品の消費を抑え、運動量を増やす努力をすれば、血糖値にも全体にも良い影響を与えることができるんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。