Articles

音楽の癒し

「音楽は道徳的法則である。 宇宙には魂を、心には翼を、想像力には飛翔を、そして人生とあらゆるものに魅力と華やかさを与える」
~Plato

ニュージャージー州ロングバレーの音楽教師、ジョージ・モラン(39)は90分間心臓が止まり、心肺装置を装着した状態になりました。 彼はモリスタウン・メモリアル病院で心臓弁の修理を受けていました。

回復室にいるとき、モランは女性が美しいハープを演奏しているのを耳にしました。 回復期における音楽の効果を研究している研究者によれば、ハープ奏者の穏やかなアルペジオは、彼の心拍、呼吸、血圧を調整するのに役立ったかもしれないとのことです。 彼は、音楽が体を落ち着かせ、何が起こっているのか考えるのを止めたと報告した。

Healing Music Therapy

国内の病院では、患者の痛みを和らげ、血圧を下げ、不安や抑うつを減らすために音楽療法を利用しています。 また、音楽は患者の治癒を早める効果もあります。 Society for the Arts in HealthcareとJoint Commission、American for the Artsが2007年に行った米国の医療施設に関する調査では、1,923の医療施設のうち35%が患者に何らかの形で音楽を提供していることがわかりました。 フィンランドのヘルシンキにある病院に入院している重度の脳卒中患者は、1日に少なくとも1時間、録音された音楽を聴いていました。 彼らは言語記憶の回復が早く、抑うつ状態も少なかった。 これは、オーディオブックや何も聴かない人と比べてのことです(『Journal Brain』2008年3月号)。

  • ニューヨークのプレスビテリアン病院/ワイルコーネル医療センターの研究者によると、毎週2時間モーツァルトを聴いていた未熟児は、心拍数が低く、よく眠れたそうです。
  • オーストラリアの末期患者は、音楽を聴かない人と比べて、1回の音楽療法を受けた後、不安、痛み、眠気が少なかった(Journal of Palliative Medicine, May 2008)。
  • その他の研究では、音楽療法は自閉症、学習障害、認知症、陣痛や出産時の疼痛管理に有益であるとされています。

    Music is Good for Our Soul

    私たちが好きな音楽を聴くと、それは心の奥底で共鳴してくれます。 ある種のメロディーは、私たちの幸福感、創造性、冒険心に火をつけます。 好きな曲を聴くと、問題や心配事、恐怖心が和らぎます。 ジャズ、R&B、ロック、クラシック、あるいはその組み合わせなど、どんな音楽の好みであっても、それを見つけると、気分が憂鬱から高揚に変わることがあるのです。 絶望的な気分のときに、ラジオから流れてくる感動的な曲を聴くと、またやる気が湧いてくる。 不安なとき、嫌なことがあったとき、メロディーや歌詞が私たちを癒し、元気にしてくれる。

    音楽はまた、私たちを力強く結びつけてくれる。 1969年のウッドストック音楽祭には40万人以上の人々が参加し、3日間にわたって平和に音楽を楽しみました。 コンサートでも、好きなバンドに観客が熱狂する光景が見られる。

    In Conclusion

    ある種の曲は、1971年のジョン・レノンのイマジンのように、過去の恋愛、楽しい思い出、悲しい思い出をかき立て、世代を刻むことができます。 音楽は私たちに普遍的に語りかけてくるので、他のどのような創造物も音楽のような永続的な力を持つことはありません。 私たちは、癒され、鼓舞され、他者と一体化することができます。 音楽は、私たちに叫び声をあげさせ、思い切り踊らせ、星のように歌わせることができます。 音楽は私たちの体を癒すだけでなく、幸福感も高めてくれるのですね。 フランスの詩人ヴィクトル・ユーゴーは、「音楽は、言うことのできないもの、沈黙することのできないものを表現するものだ」と述べています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。