Articles

誓いのプライバシーポリシー

植民地化の時代は、非常に残忍で破壊的なものでした。 そもそも植民地支配は、しばしば戦争によって成立した。 大陸のいたるところでアフリカ人は勇敢に戦ったが、結局ヨーロッパ人の侵略者の技術力に打ち勝つことはできなかった。 また、アフリカの人々は、ヨーロッパの植民者の残忍な性質に対する準備もできていなかった。 例えば、南アフリカ共和国のコーサ族の伝統的な戦いは、大規模な死者を出すことはほとんどなく、民間人から離れた場所で行われた。 イギリスはショサ族と戦闘になると、ショサ族の村を襲い、クラールや農作物を焼き払うという戦術をとった。 ケニアの村を襲ったイギリス兵のリチャード・マイネルツハーゲンは、”子供以外の生き物は容赦なく殺せ “と命令したそうです。 2012年、3人のケニア人が、植民地時代に受けた拷問をめぐり、英国政府を訴える権利を得た。 彼らが受けた拷問は、殴打、性的暴行、そして去勢まで含まれていた。 ドイツ領南西アフリカと呼ばれていたナミビアでは、ドイツの植民地主義者が恐ろしい大量虐殺を行い、約10万人の命が奪われた。 ベルギーが支配していたコンゴで殺された人々の数は、1500万人にものぼると言われている。 そして、これらのいくつかの例は、ヨーロッパの支配の残忍さを説明するのにさえならないのである

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。