Articles

認知症の人のためのバリデーションセラピー


認知症の人、特に進行した認知症の人をケアするスタッフは皆、それが特に難しい挑戦であることをよく承知しています。 症状の進行とともに、サービス利用者はますます自分の中に閉じこもり、誰も近づけなくなり、最近の出来事も覚えていません。

しかし、人々のニーズを満たすために、スタッフは口頭または非言語で、その人とコミュニケーションをとる何らかの手段を持たなければなりません。 認知症サポートは、認知症の人をケアする人たちが、その人と積極的につながるための別の方法があると提案しています。 1980年代にナオミ・フェイルが開発したこの方法は、バリデーション療法と呼ばれ、サービス利用者の行動に対して効果的に反応できるようになります。

バリデーション法を用いることで、スタッフは自分たちとケアする人の間の緊張を緩和し、彼らとの関係をより親密にし始めることができます。 例えば、バリデーションの重要な要素の1つは、その人が誰であるかを尊重し、その人の現在の気持ちや感情表現を受け入れることを示すことです。

バリデーション療法の中心となる信念と目標は、認知症の人が何を言い、感じ、どう行動しても、常に真剣に受け止めるべきだということです。

バリデーション療法の目的と目標

あなたがバリデーション手法を使う時はいつでも、あなたのケアを受ける人の気持ちとつながりを作っているわけですから、その人の気持ちを理解してあげましょう。

バリデーション・セラピーの目的は、このアプローチが達成しようとしていることをスタッフに理解させるものです。

認知的目標:その人の能力を向上させる
身体的目標:その人の能力を向上させる。 4211>感情的および個人的な目標:健康状態を向上させる。
Social Goals: 社会的な孤立を防ぐ

これらの目標を達成するために、スタッフは以下の中間目標を達成することを目指すべきである。

本人の自尊心を伝える
アイデンティティと自尊心を強める
尊厳を保つ
ストレスを軽減する
ウェルビーイングを改善する
過去の感情を蘇らせる
有効なコミュニケーションを確立する
感情レベルでコミュニケーションをとることです。

認知症ケア&サポートの目的は、常に管理者に実践的で段階的なアドバイスを提供し、管理者とそのスタッフが日常業務で高度なケア技術を適用する方法を迅速かつ効果的に学ぶことができるようにすることです。

まず、ケアする人を観察する

短期間のうちに、何度も繰り返される特定の行動パターンに気づくはずです。

自尊心を伝える

自尊心は、相手の自信を得るための必要条件です。

– 全面的に注意を向ける
-「あなたのための時間がある」ということを示す
– 相手の表現方法やボディランゲージを取り入れ、反映させる
– 触れて、近くにいる

ただし、やりすぎず、本心のみを表現するようにしましょう。 認知症の人は混乱し、混乱しているような印象を与えることが多いのですが、それでも感情や気分には非常に敏感です。

バリデーション・セラピーを行う際には、認知症の人の気持ちや行動の特徴に合わせたコミュニケーションのルールがあります。 認知症です。

また、バリデーション療法では、介護者が認知症の人に反論しないように、そして、認知症の人を自分の世界に引き込もうとするのではなく(通常はうまくいきませんが)、むしろその人の世界に入り込むように促します。 修正されることで、その人は価値を下げられたと感じることがあります」と。 スペシャルケアと呼ぼうが、バリデーションセラピーと呼ぼうが、どちらのアプローチも嘘をつくのではなく、気晴らしのテクニックを使うことを推奨しています。

ですから、例えば、サービス利用者が夫はどこにいるのかと尋ね続けている場合、5年前に亡くなったことを思い出すのではなく、「本当に寂しいようですね、どうやって出会ったのですか」と言えばいいのです。 結婚式の写真を見せてくれる?」

共感と尊敬こそが重要であると、両方のアプローチの支持者は言います。

Summary

管理者やスタッフは、認知症の人と関わり、コミュニケーションをとるための新しいアプローチを常に探しています。 バリデーション療法は新しいものではありませんが、このアプローチの利点は現在認識されつつあります。 管理職が興味を持てば、このトピックに関する多くの文献が入手可能です。 含む。

また、ナオミ・フェイルによるビデオもYouTubeにあります。

Albert Cook BA, MA & Fellow Charted Quality Institute
Managing Director

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。