Articles

縫わない裂傷

裂傷とは

裂傷は、けがによって皮膚が切れたり、裂けたり、開いたりすることです。 これらの切り傷は小さく、自宅での軽い処置で済むかもしれません。

脂肪や筋肉組織を巻き込まず(表在性)、出血量が多くなく、長さが1/2インチ以下で、顔にかからない切り傷は、通常、縫わずに自宅で対処することができます。 傷をケアする目的は、出血を止めることと、傷跡や感染の可能性を減らすことです。

縫合の必要がない切り傷に対する応急処置は次のとおりです:

  • 子供を落ち着かせ、あなたが助けられることを知らせます。

  • 清潔な布か包帯で数分間圧迫して止血する。

  • 手をよく洗う。

  • 切れた部分を石鹸と水でよく洗う。ただし傷口をこすらないこと。 患部の汚れの粒子を取り除き、蛇口からの水を数分間切り口の上に流す。 よく洗わない汚れた切り傷や擦り傷は、感染症を引き起こし、傷跡が残ることがあります。

  • 消毒ローションまたはクリームを塗る。

  • 手や足にできた場合や、衣類に水がかかるような場合は絆創膏やガーゼパッドで患部を覆いましょう。 ドレッシングは少なくとも1日2回、濡れたり汚れたりしたときはいつでも交換する。

  • 毎日患部をチェックし、清潔で乾いた状態を保つ。

いつ医療機関に連絡すべきですか?

お子様の傷に軽い処置以上が必要な場合は、医療機関に行くか、近くの緊急ケアセンターまたは救急治療室に行くようにしてください。 一般に、次のような切り傷は医療機関に連絡してください:

  • 出血が激しく、5~10分間直接圧迫しても止まらない場合;出血が激しい場合は、切り口を見るのをやめずに5~10分間圧迫してください。 布に血がにじんだら、古い布の上に新しい布をかぶせる。 元の布をはがさないようにしてください。

  • 深さまたは長さが1/2インチ以上

  • 目の近くにできた傷

  • 顔にできた傷

  • 刺した傷、汚れたものやさびたものでできたもの

  • 土、石などのごみを含んだもの、

  • 傷口を塞ぐようにできたもの

    傷口を塞いだままにしておいたもの

  • 傷口を塞いだままにしておいたもの

  • 顔にできた傷

  • 端がボロボロ、または離れている

  • 動物や人にかまれた

  • 過度に痛い

  • 感染症の兆候が見られる

  • 。 温感、発赤、腫脹、排膿の増加など

  • その他の傷害(特に頭部外傷や骨折)を伴うことがある

  • 指や関節のしびれや動けないことがある

  • 。 神経や腱、またはその両方が損傷している可能性があります。

また、お子さまが過去5年以内に破傷風の予防接種を受けていない場合、お子さまの最後の破傷風予防接種がいつ行われたかわからない場合、または傷について心配で質問がある場合は、医療機関に電話してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。