Articles

統合失調症 小児期発症型統合失調症

小児期発症型統合失調症: An Update

精神疾患の診断を検討する際には、子どもの発達段階を考慮しなければなりません。 ある年齢では正常な行動が、別の年齢ではそうでない場合があります。 まれに、健康な幼児が声を聞くなどの奇妙な体験を報告することがあるが、これは後の年齢では異常とみなされるであろう。 臨床医は、そのような行動がより持続的に見られるかどうかを調べます。 7歳以上の子どもが、自分について軽蔑的なことを言う声や、互いに会話する声をよく聞く、独り言を言う、本当はそこにいない怖いもの(ヘビ、クモ、影)をじっと見る、友人関係に興味を示さない、といった場合には、親は心配になるかもしれません。

幸いなことに、統合失調症は大人では100人に1人ですが、子どもでは4万人に1人とまれな病気です。 発症の平均年齢は、男性で18歳、女性で25歳です。 世界の障害原因のトップ10に入る統合失調症は、年齢に関係なく、患者さんとそのご家族に大きな負担を強いています。 統合失調症の子どもは、日常生活を送ることが困難です。 精神症状(幻覚、妄想)、社会的引きこもり、感情の平板化、自殺のリスクの増加、社会的および個人的なケア能力の喪失などは、成人の患者と同様です。 また、約500人に1人の割合で存在する自閉症やその他の広汎性発達障害の子どもたちと同じような症状を示し、間違われることもあります。

症状と診断統合失調症は若年成人の急性精神病エピソードとして始まることもありますが、小児では徐々に現れ、運動や言語発達の遅れなどの発達障害が先行していることが多くみられます。 このような問題は、より顕著な脳の異常と関連する傾向があります。 診断基準は成人の場合と同じですが、症状が10代後半から20代前半ではなく、12歳より前に現れることが特徴です。 統合失調症の子どもは、実際には存在しないものを見たり聞いたりすることが多く、偏執的で奇妙な信念を抱いています。 例えば、人が自分に対して陰謀を企てているとか、自分の心を読むことができると考えることがあります。 その他の症状としては、注意力の低下、記憶や推論の障害、言語障害、不適切または平板な感情表現、社会的スキルの低下、抑うつ気分などがあります。

子どもの精神分裂病の誤診は非常に多いのですが、その理由は、悲しい出来事に笑い、視線を合わせず、身振りや顔の表情が乏しいからです。 少なくとも6ヶ月間幻覚や妄想が持続すること、発症年齢が7歳以上と遅いことで自閉症と区別される。 自閉症は通常3歳までに診断される。 統合失調症は、小児の感情障害、人格障害、解離性障害でみられることもある短時間の精神病とも区別される。 双極性障害の青年期には、精神分裂病と間違われるような躁病の急性増悪がみられることがある。 虐待の被害者である子どもは、加害者の声を聞いたり、加害者の幻影を見たりすると主張することがある。 精神分裂病の症状は、学校など特定の状況だけにとどまらず、その子の生活全体に及ぶのが特徴です。

治療法若い患者さんが病気をコントロールするための治療法は、ここ数十年で著しく改善されています。 成人と同様、抗精神病薬は幻覚や妄想を抑えるのに特に有効である。 オランザピンやクロザピンなどの新世代の「非定型」抗精神病薬は、患者によっては意欲や感情表現の向上に役立つこともある。 また、ハロペリドールなどの他の抗精神病薬に比べて、遅発性ジスキネジアなどの運動障害を引き起こす可能性が低い。 しかし、これらの新しい薬にも、体重増加などの副作用があり、他の健康問題のリスクを高める可能性があります。 NIMH(米国国立精神衛生研究所)では、治療法を改善するための調査研究を行っています(www.clinicaltrials.gov)。 精神分裂病の子供とその家族は、病気への対処を支援するためのカウンセリング、心理療法、社会的スキルのトレーニングも有効です。

原因統合失調症の根本原因が単一か複数かは不明ですが、遺伝的素因、発達中の脳への出生前の障害、ストレスの多いライフイベントが関与していると考えられる神経発達性疾患であることを示す証拠が得られています。 統合失調症の発症リスクは、家族歴がない場合の1%から、一親等の親族が発症している場合の10%、一卵性双生児が発症している場合の50%まで上昇すると言われており、遺伝の役割は以前から確立されています。 出生前の障害としては、妊娠第2期の母親のインフルエンザなどのウイルス感染、飢餓、出生時の酸素欠乏、未治療の血液型不適合などが考えられる。 精神分裂病に関連する脳の構造的、生理学的、神経心理学的な異常の多くは、子供も大人と同じであることが研究によりわかっています。 小児は成人よりも重症で、神経学的異常がより顕著であるようです。 4262>

例えば、成人期の患者とは異なり、思春期前に精神病を発症した子どもは、脳の発達異常が顕著に認められる。 青少年を対象とした初の縦断的脳画像研究では、磁気共鳴画像法(MRI)スキャンにより、早期発症の統合失調症の10代の若者では14~18歳の間に脳の中央にある液体を含んだ空洞が異常に拡大し、脳組織の体積が縮小していることが示された。 これらの子どもたちは、前頭葉の灰白質(神経細胞とその枝状の延長)を、10代で通常起こる量の4倍も失っていたのである。 この灰白質の減少は、5年の間に後ろから前へと進行性の波となって脳を包み込み、注意や知覚に関係する後部の構造から始まり、最終的には統合失調症で障害される組織化や計画、その他の「実行」機能を担う前頭葉の領域へと広がっていくのである。 後方領域の損失はほとんど環境要因に影響されるため、研究者らは、遺伝的ではない何らかの誘因が病気の発症と初期進行に寄与していることを示唆している。 最終的な損失パターンは、成人の統合失調症で見られるものと一致している。 4262>

脳の構造異常の研究に加えて、研究者らは統合失調症の遺伝的リスクと関連する指標群も調べている。 最近、乳がん、アルツハイマー病、クローン病など、遺伝的に複雑な疾患の関連遺伝子を発見する上で、早期発症例が極めて重要であることが証明されている。 したがって、精神分裂病の子供とその家族は、精神分裂病の分子的なルーツを解明する上で重要な役割を担っているのかもしれない。 遺伝子に関連した異常の発生率は、成人患者よりも小児の方が2倍高いという証拠があります。 同様に、遺伝的に関連すると考えられている精神分裂病スペクトラム障害も、小児期発症患者の第一度近親者では約2倍の頻度で発症している。 最近のある研究では、小児期発症の精神分裂病患者の家族の3分の1は、精神分裂病、あるいは分裂病型人格障害や妄想性人格障害の診断を受けた第一度近親者を少なくとも1人持っていた。 このような精神疾患の特徴は、成人期の患者の両親に見られるものと非常によく似ており、両者が共通の遺伝的ルーツを持っている可能性がある。 成人の精神分裂病に関連する他の異常、例えば眼球運動の異常も、この病気を持つ子供の家族に多くみられる。 米国国立衛生研究所(www.nih.gov)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。