Articles

神を信じるとはどういうことか? あなたが思っているのとは違うかもしれない

私たちはよく神を信じなさいと言われますし、不安や落ち込んでいる人にそうするようにと助言したことがある人も多いのではないでしょうか。 しかし、それは何を意味するのか。

場合によっては、人々がこの助言をするとき、次のような意味であることがある。 心配しないで、神は結局、あなたの望むものを与えてくださる。 神はいつかはあなたの考え方に同意されるでしょう。 神様が答えてくれるのを待ちなさい。

これは信頼ではありません。

信頼するとは、神がなさると決めたことは何でも正しいことだという安定した確信に移ることです。 それは、神がなさること、神が決定されることに平安を感じることである。 それは、神がしばしば逆説的な方法で、私たちの考える最善の方法とは異なる、あるいはそれに反する方法で行動されることを受け入れることです。 たとえこの大きな善が私たちから隠されていたとしても、神はしばしば何らかの大きな善のために悪を許します。

十字架の足元で、私たちは完全な災害でさえも計り知れない善を生み出すことができることを理解します。 私たちがあの恐ろしい日を「聖金曜日」と呼ぶのには理由があります。 その日の明白な「完全な損失」は新約をもたらし、私たちが求めさえすれば、全人類を救うために十分すぎるほどの恵みと憐れみを利用できるようにしたのです。 ある場合には、その後、神がなぜそれを許されたかを理解するようになりました。 その経験からどのように成長したのか、あるいは、その時は好みではなかったが、実は最善であった新しい機会がどのように開かれたのかがわかります。 しかし、そのようなことがあっても、私たちにはほとんど意味がない場合もあります。 しかし、もし私たちが神を信頼することを学んでいるならば、私たちの望む結果に対して神が明らかに「ノー」と言われたとしても、平静でいることができます。 信頼は、”It is well with my soul.”

このタイトルの古い賛美歌はこう言っています。

When peace, like a river, attendeth my way,
when sorrows like sea billows roll,
watever my lot, you has taught me to say,
It is well, it is well with my soul.

私たちは自分のしていることを祝福してくれるようにと神に願い続けるが、神が祝福してくれることを求め、それを実行したことがあるだろうか。 神を信頼することは、神が望まれるものなら何であれ、平安であることを意味する。神がそれを望まれると知ることは、私にとって十分であり、平安があり、私の魂はうまくいっているのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。