Articles

犬に与えても安全なテーブルフードを教えてください。

犬にテーブルフードを与えることは、ほとんどの犬の飼い主、特に子供のいる飼い主にとって、一般的な習慣です。 それはペットの一日のハイライトのように思えるかもしれませんが、テーブルから犬に食べ物を与えることは、否定的な食行動を引き起こす可能性があることを覚えておくことが重要です。 食卓から食べ物を与える場合は、何が体によくて、何が体に悪いかを知っておく必要があります。 ここでは、犬に食卓から与えてもよい食品と与えてはいけない食品の一覧を示します。

犬に与えても安全な食卓食品:

犬に人間の食べ物を与える場合、栄養を十分に摂取できるようにすることが重要です。 栄養価を与えずに味覚を狂わせるような、過度に味付けされた食品を与えないようにしましょう。 AvoDerm Natural®ドッグフードは、犬が必要とするすべての栄養を含み、食卓から愛犬にリスクをもたらす不必要な脂肪分や調味料は含まれていません。

  • 白米および玄米
  • 調理済み卵
  • オートミール
  • にんじん
  • チーズ
  • ピーナッツバター
  • ベリー
  • アボガド(皮と種なし)
  • 緑黄色野菜
  • 種無しスイカ
  • バナナ
  • エンドウ
  • ポップコーン
  • パイナップルパン
  • りんご
  • ブロッコリー
  • ジャガイモ

犬に与えないようにしたい表食品。

犬に手作りの食事や皿に盛られたものを与えるときは、これらの家庭用食品は避けてください。 もし、犬に食べさせるものに自信がなかったり、自分で食べないようなものは、犬に食べさせないでください。 以下に挙げた食品は、犬のいくつかの問題と関連していますが、これが完全なリストではありません。 懸念のある食品を愛犬に与える前に、かかりつけの獣医に確認してください。

  • 食品 骨
  • レーズン
  • 未加熱の肉
  • 玉ねぎ
  • ニンニクニラ
  • アルコール
  • チョコレート
  • コーヒー/紅茶
  • ソーダおよびエナジードリンク果物の種
  • イースト生地
  • マカダミアナッツ
  • ぶどう
  • トウモロコシ

犬用人間の食べ物の調理法

子犬に人間の食べ物を与えることに決めたとき。 は、適切な方法で導入してください。 テーブルから直接食べさせるのは、癖になってしまい、おねだりにつながる可能性があるのでやめましょう。 特に味付けが濃すぎるものなど、脂肪分の多いものは与えないようにしましょう。

家庭で作った料理を子犬に食べさせるときは、フードを回転させると非常に便利です。 肉だけ、野菜だけ、といった食べさせ方をしないことが肝心です。 人間も犬と同じように、いろいろな種類の食べ物が大好きです。 この場合も、徐々に慣らしていくことを忘れないでください。 テーブルフードばかり与えていると、食物の過敏症を引き起こす恐れがあります。 新しい食事や食べ物を取り入れるときは、必ず獣医さんに相談して、専門家の意見を聞いてからにしましょう。

愛犬は、あなたが与えたものならほとんど何でも食べます。 消化器官は私たちほど発達していないので、テーブルフードを与えるときは特に注意する必要があります。 残飯を与えるにしても、食事をごちそうするにしても、犬特有の栄養ニーズを理解することは、犬の健康を維持するために欠かせないことです。 AvoDerm Natural®ドッグフードを与えることで、どんな食べ物が適切な栄養を持っているのか、推測する必要がなくなります。 小麦、トウモロコシ、人工香料を一切使用していないので、愛犬においしく健康的な食事を与えていることを確認することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。