Articles

整備工場を訴える方法(5つの理由)

整備工場を訴えることを検討するのには、いくつかの理由があるようです。 この記事では、整備工場を訴える方法と、そうすべき5つの理由を学びます。

How to Sue a Mechanic Shop (5 Reasons)

We’ve all heard the horror stories: Someone brings their vehicle into the shop for repairs only to pick it up and realize the problem is worse.

How to Sue the Mechanic Shop (5 Reasons)Selecting the mechanic shop, and the five reasons why you should. 単純なタイヤ交換が、メカニックがボディに傷をつけた後、新しい塗装に変わってしまう。 簡単なオイル交換が、経験の浅い整備士がオイルカートリッジに穴を開け、まったく使えなくなったため、すぐに大惨事になりました。

あるいは、クライアントが、望んでいなかったり期待していなかったものを含む、1マイルもあるサービス一覧の請求書を受け取ることもあります。 それは、消費者の法律は、彼らが提供されるサービスがどのような方法で過失だったと信じている場合、個人がメカニックを訴えることができるように正確に理由です。

あなたの地元の郡の事務局は、訴訟を提出し、裁判官の前であなたのケースを作るために法廷で日付を設定するのに役立ちます。 一方、以下の情報は、消費者がmechanics.

No Estimate (Or False Estimate)

In the state of California, mechanics must provide you a accurate, updated estimate of all provided services before they begin working on your car.You know…All in the most common reasons sue mechanics.The information will help you understand the most common reasons to receive mechanics.The most common reasons of the more than the more than the more than the more than the most common reasons of the most common reasons. また、見積もりは、特定の情報を含んでいなければならないという点で、厳しく規制されています。 これは通常、提供されるすべてのサービス、使用される部品、および修理に関連する費用の完全なリストを含みます。

あなたは、整備士が正式にあなたの車の作業を開始する前に、見積もりに同意する必要があります。

見積もりの変更に関する規則も存在します。 例えば、メカニックが簡単な車検を始めたが、途中で部分的に壊れたオルタネーターベルトを見つけた場合、彼らは単にベルトを交換し、後でそのためにあなたを充電することはできません。 彼らはあなたに連絡し、新しい見積もりを作成し、最初に割り当てられた新しいコストについてあなたの承認を得る必要があります。

見積もり調整に関する最大の問題は、承認の方法が少し不明瞭に感じられるという事実です。 ショップによっては、クライアントに電話で連絡し、口頭で変更に同意してもらうところもあります。 これでは、誤解や操作の余地が大きすぎます。 その代わりに、あなたは常にwriting.

Improper Mechanic’s Lien

There are a few situations where a mechanic’s shop might be able to place a lien on your vehicle (called a “mechanic’s lien”)メカニックショップは、あなたの車( “先取特権 “と呼ばれている)でリーンを置くことができます。 基本的に、有効な先取特権は、ショップが債務に対する支払いとしてあなたの車を押収する権利を付与するものである。 しかし、これは単に「お金を払うまであなたの車を預かります」と言うよりもずっと複雑です。

まず、ほとんどのショップや個々のメカニックは、このオプションは絶対に最後の手段であると考えていることを知っておいてください。 彼らは、他のすべての支払い要求を使い果たしたときだけ、この手段に訴えるのです。 もし整備士が、支払いが1~2日遅れただけで先取特権で常に脅してくるようなら、これは赤旗だと考えてください。

次に、すべての整備士が法的先取特権を置けるわけではありません。 例えば、無免許業者(アマチュアメカニック)は500ドル以上の金額の先取特権を置くことができません、これが許される法的管轄は単にありません。 彼らは、しかし、まだ先取特権なしで民事法廷であなたを訴えることができます。

先取特権はまた、あなたがまだあなたのメカニックに支払うべき全額を払っていないという理由だけで必ずしも有効ではありません。 メカニックは、特定のスケジュールを満たすと有効な先取特権を作成するために、特定の情報を含める必要があります。 彼らは以下のガイドラインのいずれかを遵守することを怠った場合、先取特権自体は法的にvalid.7859>

  • 予備通知 – メカニックは、提供されるサービスのない20日以内にあなたの車に先取特権を配置する彼らの意図のあなたを通知する必要があります。 それは唯一のサービス、部品、およびこの20日間の期間内に発生した関連費用を含めることができます(前または後ではない)
  • 機械工の先取特権の通知 – 次のステップは、機械工の先取特権の通知を提出することです。 これは、提供されるサービス、部品、および労働の完全なリスト、両当事者の連絡先(ショップの物理的なアドレスを含む)、およびサービス宣誓供述書の証明を含める必要があります。 さらに、それは最初のサービス日から90日以内に提出され、提供されなければならない。
  • 先取特権の差し押さえ – あなたが通知された後、メカニックは90日以内に民事裁判所に訴訟を提起しなければならない。 これは、彼らが先取特権を(ファイナライズ)差し押さえるために裁判所の承認を求める機会を可能にします。 彼らはプロセスのサービスに従わないか、裁判所に表示されない場合は、裁判官はlien invalid.

先取特権が無効と判断された場合、あなたは補償のためにメカニックのお店を訴える権利を持っています。

Breach of Warranty

すべての整備士が、自動車メーカーが自社の車に取り組むことを承認しているわけではないのです。 彼らはサービスを提供するときにメカニックが不注意に新しい車の保証を無効にする可能性があるため、これは重要である。 例えば、あなたが素人の整備士にトランスミッションを修理してもらい、それが後で故障した場合、メーカーは直接の結果として彼らの保証を尊重することを拒否するかもしれません、あなたはポケットの外に支払うことを残す。 あなたは、補償のためにそれらを訴えるか、保証を尊重するように強制することができます(これは法的な契約とみなされます)

Poor Workmanship

手抜き工事は単に迷惑なだけではありません – それはあまりにも、訴えるための良い理由です。 特に、出来栄えの悪さが原因で、あなたや他の第三者が傷ついたり、損害を受けたりした場合 (たとえば、自動車事故) は、そうです。 ブレーキ ラインを修理した素人メカニックは、後に自分の無能さによって運転中にラインが故障した場合、責任を問われるかもしれません。

しかし、不完全なサービスが必ずしも出来栄えの悪さとは限りません。 不注意や偶発的なもの、あるいは外部からの影響によるものなど、問題が出てくる場面もあるでしょう(タイヤ交換時のラグナットの破損など)。 問われるべきは、その仕事が合理的な期待に応えていたかどうかです。 例えば、間違った部品を取り付けた整備工場は明らかに無能です。

お粗末な仕上がりで事故を起こした場合、車両や仕上がりそのものだけでなく、人身事故を訴える資格があることに注意してください。

詐欺、詐欺師、詐欺

整備業者やその他のサービス業者が、顧客をだましたり詐欺をしようとする状況があることに注意してください。 これには、クライアントからお金をゆすり取ろうと先取特権プロセスを悪用したり、請求額を不当につり上げたり、サービスについて嘘をついたり、架空の料金を上乗せしたり、実際には提供していないサービスに対して請求したりすることが含まれます。

最もよくある詐欺は、実際には修理業者がジャンクヤードから中古部品をピックアップしているのに、新しいまたはブランドの部品に対してクライアントに請求することです。 その違いを認識するのに十分な知識がなければ、部品が故障し、騙されたことに気づくまで、これはレーダーの下で飛ぶことができます。

正確な方法が何であれ、詐欺、および欺瞞的ビジネス慣行は、ほとんど常に告訴する理由となります。 しかし、あなたは証拠を持っている必要があります – そして、それは見つけることが困難な場合があります。 しかし、そのようなことはありません。 問題は、「時間がかかりすぎる」の正確な定義を決めることにあります。

一部の車は、作業が非常に複雑であるか、部品を見つけるのが難しいため、修理が困難な場合があります。 まれに、部品を見つけるのに何ヶ月もかかることがあります。古いアンティークの場合はよくあることです。

一方、整備士の中には、先延ばし、怠慢、資源不足(部品を買えないなど)など、あまり必要でない理由で修理を先延ばしにする人もいます。 修理が完了しないまま 1 か月以上も車を駐車場に留め、その理由をきちんと説明できないディーラーは、事実上、悪いサービスを提供していることになります。

さらに、最初の契約書に記載されていることの違反は、実際、訴える理由となることに注意することが重要です。 月以内に終了することを約束メカニックは、まだ月3で終了し、契約違反のために過失とみなされます。

最後に、あなたの車なしであることの結果として損害または損失のいくつかの種類を経験している必要があります。 例えば、あなたが交通機関の不足のためにあなたの仕事を失う場合、あなたはケースを持っているかもしれません。

さて、整備工場を訴える方法がわかったので、状況を解決するために次のステップに進みましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。