Articles

屈筋腱鞘炎(トリガーフィンガー)

トリガーフィンガーとも呼ばれる屈筋腱鞘炎は、指の腱の周囲に炎症が起こることで起こります。

前腕から始まる屈筋腱を包む鞘が炎症を起こすと、屈筋腱が引っかかり、指をスムーズに曲げたり伸ばしたりすることができなくなるのです。

この作用は、指がトリガーのように解放されることと見なすことができます。

屈筋腱炎の原因は不明ですが、糖尿病患者での発生率が高くなります

糖尿病との関係

L L Smithらの報告によると、糖尿病患者での屈筋腱炎の有病率は11%と推定されており、非糖尿病患者では1%以下であることが分かっています。

また、高グルコース状態が長く続くと屈筋腱鞘炎になる可能性が高くなると観察している。

糖尿病の期間も要因のひとつと考えられており、この関連は、患者の年齢というよりも、糖尿病を患っている期間によるものである。

屈筋腱鞘炎の症状

初期の硬直や指を動かしたときのクリック感から、痛みが増してくることがあります(通常は1本の指か親指に起こります)。

指全体の腫れや赤みを生じ、腱が引っかかる部分や患部の指の付け根に隆起や圧痛を感じることもあります。

最終的には、指が完全にまっすぐにならず、ロックされることがあり、その場合、指を伸ばす操作が必要になることがあります。

屈筋腱鞘炎の原因

屈筋腱鞘炎の原因は、腱鞘の線維組織の増殖ですが、なぜそうなるかは一般に不明です。

しかし、屈筋腱鞘炎が発症する理由として考えられているのは、以下のような諸説があります。

  • 特定の全身疾患(糖尿病、関節炎、痛風、全身性硬化症など)
  • 過労または繰り返しの動作
  • 感染症
  • 高齢(腱の血管性が低下)
  • 屈筋伸展炎の診断はどのように行われますか?

    一般的には身体検査が行われ、腱を伸ばすなどの腱特有の操作をして、痛みが出るかどうか確認します。

    屈筋腱鞘炎の診断を確定し、腱板腱炎などの他の疾患を除外するために、MRI(磁気共鳴画像)や超音波検査が実施されることもあります。

    屈筋腱鞘炎の治療

    治療は痛みや炎症を和らげることを目的としており、回復のためには患部の腱を休ませることが必要なのはそのためです。 また、患部に温熱や冷熱を加えることで、症状を和らげることができます。

    副腎皮質ホルモンの注射をすることもありますが、まれに腱の周りの炎症を取り除くために手術を勧められることがあります。

    屈筋腱の周囲の筋肉を鍛えることで、症状や傷害の再発を防ぐことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。