Articles

大腿骨下肢

主な記事。 コンディル

前方では、コンディルはわずかに突出しており、膝蓋骨表面と呼ばれる滑らかで浅い関節のくぼみで隔てられています。

外側顆はより突出し、前後径、横径ともに広く、内側顆はより長く、大腿骨を垂直にしたとき、より低い位置に突出する。

しかし、大腿骨が自然に斜めの位置にあるとき、2つの顆の下面は実質的に同じ水平面にある。

顆は互いにかなり平行ではなく、側部の長軸はほぼ直接前後方向であるが、内側部のそれは後方および内側方向に走っている。

両者の対向面は小さく、粗く、凹んでおり、顆間窩の壁を形成している。

この窩は、上では顆間線という隆起によって、下では膝蓋骨表面の後縁の中央部分によって制限されている。

膝関節の後十字靭帯は、窩の内側壁の下部と前部に、前十字靭帯はその外側壁の上部と後部の印象に付着している。

内側上顆は、膝関節の内側側副靱帯が付着している大きな凸状の隆起である。

外側上顆は内側上顆より小さく、あまり目立たないので、膝関節の腓骨側副靭帯に付着します。

その真下には小さなくぼみがあり、そこから滑らかでよくできた溝が斜め上方および後方に曲がって顆の後端を形成しています。

この溝は顆の関節面から顕著な唇で隔てられており、その間に2番目の浅い溝が窪みから垂直に下向きに走っています。

新しい状態では、これらの溝は軟骨で覆われています。

窪みからは膝窩筋が生じ、その腱は膝を曲げると斜めの溝に、伸ばすと縦の溝に入る。

外側上顆の上と後ろは腓腹筋の外側頭部の起始部で、その上部と内側には足底筋が生じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。