Articles

体外受精後の最初の妊娠検査

体外受精と卵子提供後の妊娠確認. 妊娠が確認できる最初の超音波検査は、特に生殖補助医療の治療を受けた患者さんにとって、両親にとって非常に感慨深いものです。 特に生殖補助医療を受けた患者さんにとっては、妊娠が確認できる最初の超音波検査はとても感動的なもので、陽性反応が出ても不安は消えず、妊娠が確認できるまでますます強くなります。

体外受精後の最初の妊娠検査はいつ行うべきですか?

妊娠5週目から7週目の間、つまり胚移植後3週目から5週目の間に行う必要があります。 体外受精後の妊娠を計算するために、私たちはいつも採卵の14日前に理論上の最終月経日を設定します。

胚移植からちょうど1ヶ月後が、妊娠が進行しているかどうかをはっきり確認できる絶好のチャンスです。 体外受精後の最初の妊娠検査はどのように行うのですか?

超音波検査は経膣的に行う必要があります。 その方が画像が鮮明に映し出され、すべてが正しく進化していることをより正確に示すことができます。 この方法で超音波検査を実施しても、妊娠に悪影響がないことがわかっています。

なぜ妊娠6~7週目に妊娠スキャンを実施することが重要なのですか?

  1. 妊娠が子宮の中にあることを確認し、子宮外妊娠(子宮の外で見つかったもの)を除外することができます。
  2. 単胎妊娠か多胎妊娠かを見ることができます。

体外受精後の最初の妊娠検査では、何がわかるのでしょうか?

妊娠嚢

これは最も早い時期に見られる構造です。 子宮の中(卵巣刺激中に成長した子宮内膜の中)に見られる、光輪に囲まれた暗い像です。 6週目の平均的な大きさは約14mmですが、これよりずっと小さい嚢もずっと大きい嚢も異常とはみなされません。

卵黄嚢

これは胚発生の初期に見られる胎生構造です。 丸くて白い形をしており、刺激時の卵胞に似ています。 大きさは3~4mm程度で、6mmを超えると予後不良とされます。

心拍

6週目頃に出現する傾向があります。 このときの心拍数は1分間に90~110回で、今後数週間は増加します。

胚のすべての器官を持つ細胞塊です。 卵黄嚢に付着している構造です。 6週目では大きさが2-8mmなので、まだ見られないこともあります。

これらの構造が見られない場合、あるいは大きさが期待通りでない場合、妊娠は失敗ということでしょうか?

正常胚の発育のばらつき

妊娠超初期にもかかわらず、超音波所見の出現にばらつきがあることがあります。

患者さんによる画質の違い

患者さんによって超音波の伝わり方は異なり、また組織も異なります。

子宮の位置と妊娠嚢の位置

超音波プローブと妊娠嚢の距離によって、画像はより鮮明になったり、そうでなかったりします。

Dr. Joaquín Llácer(ベルナベウ研究所生殖補助医療部門共同ディレクター)

IT MAY OF INTEREST TO YOU:

  • 着床不全と反復流産ユニット(Improduction failure and recurrent miscarriage Unit)もご参照ください。 治療と解決法。
  • 体外受精
  • 妊娠検査。検査と陣痛
  • ハイリスク妊娠専門ユニット

妊娠と内分泌学

体外受精後の最初の妊娠検査

4 (80.31%) 64票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。