Articles

今後10年間で、企業が打ち上げる衛星の数が歴史上最も多い理由

一握りの宇宙企業が成功すれば、今後10年間で地球の軌道に乗る衛星の数が、1957年のスプートニク1号以来打ち上げられたすべての衛星を上回ります。

これらの計画の大部分を占めるのはスペースXですが、ワンウェブ、テレサット、アマゾンのプロジェクトカイパーとともに、この4社は今後数年間で46,100もの衛星を打ち上げる意向を発表しています。 これは、国連宇宙局によると、過去 60 年間に宇宙に送られた物体の 5 倍以上であり、9,000 個弱です。

明確には、今後 10 年間で大量に打ち上げられるのは、インターネットを提供する人工衛星だけではありません。 人工衛星のサイズとコストの両方の低下と投資の急増のおかげで、さまざまな目的のための他の何百もの小型衛星が打ち上げられると予想されます。

しかし、地球上の光ファイバーネットワークと同等のインターネット速度を持つ衛星ネットワークは非常に有利でしょう。 ネットワーク内の衛星のグループは一般にコンステレーションと呼ばれますが、数百、数千の衛星からなるこれらの計画されたフリートは、非公式に「メガコンステレーション」と呼ばれています。 連邦通信委員会 (FCC) によると、最も低速のモバイル ブロードバンド サービスにさえアクセスできない、農村部のアメリカ人約 1400 万人と、部族の土地に住む 120 万人のアメリカ人がいます。 それらはより高価で、ユーザー数もかなり少ない傾向にあります。 米国では、約200万人の顧客しかいません」とPwCの通信コンサルタント、ダン・ヘイズはCNBCに語っています。

インターネットブロードバンドにおける現在の米国の主要プレーヤーはViaSatとHughes Network Systems社です。 しかし、彼らの衛星は地球から非常に遠く離れたところを周回しており、その距離がネットワーク全体の遅延、すなわち応答時間を増加させるのです。 メガコンステレーションは、低軌道(LEO)で運用することで、遅延を減らす計画です。 しかし、同じだけのカバレッジを得るためには、地表をカバーするためにさらに多くのLEO衛星が必要になります。

上記のCNBCによる、これらの企業の計画、およびメガコンステレーションの構築と運用に伴うハードルと問題点についての考察をご覧ください。 4社それぞれの詳細については、以下をお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。