Articles

ベラルミンを越えて フランシスコ会にとって、今日は聖フランシスコの聖痕の祝日

今日はイエズス会の重要な司教であり神学者である聖ロベール・ベラルミン(1621年没)の祝日である。

私のイエズス会の兄弟たちと、今日が聖ロバート・ベラルミンの記念日である普遍教会に敬意を表して、世界中のフランシスコ会は毎年9月17日に聖フランシスコの聖痕の祝祭日を祝います。 この祝祭は、少なくとも一見すると厄介な祝祭であると私はいつも感じています。 それは、世界中のフランシスカンが5つの傷を祝い、キリストからの偉大な恵みまたは贈り物と称されるものに付随する痛みや苦しみを祝っているように見えるからです。 そして、フランシスコの体に現れた十字架の傷に固執したままでは、気まずく、奇妙でさえあることに変わりはありません。

しかし、この祝祭日は、実はこれらの傷とはほとんど関係がありません。

むしろ、聖痕の祝祭は、少なくとも神学的には、もっと複雑で強固な祝祭なのです。 聖痕の記述の信憑性については、数多くの研究がなされており、最近ではソラナス・ベンファッティの著書『聖フランチェスコの五つの傷』が有名です。 その代わりに、私たちは、キリストの足跡に従うことだけを願ったキリスト教の弟子の内面的な生活を、より注意深く見るように招かれています。

これが祝祭の中心です-フランシスの身体に外面的に現れるものは、イエス・キリストの生きた手本に一致する彼の内面の反映であると認識することです。

結論として、ベンファッティは次のように書いています:

フランシスコがキリストの生涯の側面を選んで自分を着飾ろうと考えたことはなく、むしろ、はるかに制御しにくいのでもっと難しいと言えることを選んだことを理解することが肝要です:彼は、ただ従うことを選択したのです。 フランシスコは、主の足跡を一歩一歩たどることを選びましたが、これは危険なことだと私は言います。 (p. 236, 原文強調)

これは祝宴の核心であり、フランシスコの体に外的に現れたものは、イエス・キリストの生きた模範に彼が内的に適合したことを反映しているという認識なのです。

私たちはしばしば、誰かの服装、誰かの話し方や内容、誰かの住む場所、誰かの行動など、外見から判断する人たちです。 しかし、聖書が絶えず私たちに思い出させるように、神は私たちの心の中にあるものを裁かれるのです。 聖痕の祝日は、可能な限り完全かつ真正に生きたクリスチャン・ライフの祝祭なのです。 フランシスコに与えられた「恵み」は、無作為の重荷や余興の病気ではなく、神だけが見ることのできる、キリストの似姿を身にまとい、できる限り完全に生きた洗礼を受けた人間の視覚的、身体的表現です。

この祝日に、私はすべての人々-フランシスコ会員もその他の人々も-に内観し、それぞれの思考、言葉、行為にキリストの刻印があるかないか見るように勧めています。 おそらく私たちは5つの傷という形でキリストの印を受けることはないでしょうが、他のあらゆる方法で確実にキリストの存在を目に見えるものにすることができ、またそうすべきです。

Happy Feast Day!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。