Articles

ブログのカテゴリーの選び方

“ブログのカテゴリーはどう選べばいいですか?” これはよく聞かれる質問なので、Alpha Student の Ali Hale さんから、カテゴリーを選ぶというテーマで記事を書いてもらえないかと頼まれたとき、私は大賛成でした!

これを読み始める前に、とても大切なもの、自分のブログを見てみてください。 カテゴリ リストを見て、何がわかりますか? ほとんどのブロガーがそうであるように、このリストには次のようなカテゴリが含まれています。

  • 数年前に使っていたが、もう使っていない
  • 1つか2つの投稿しかない
  • わかりにくい名前
  • その時は良いアイデアだと思った。 8187>

投稿の作り方、読者の獲得方法、最初のブログの始め方など、ブログに関するアドバイスはたくさんありますが、カテゴリーの選び方について書かれたものは意外に少ないのです。 私が見つけた唯一のアドバイスは、WordPress の Lorelle からのものでした。

ほとんどの人は、その場でカテゴリーを追加したり、話したいことをすべてカテゴリーにリストアップして、その都度、カテゴリーを埋める作業をしています。 私はこのブログの記事の計画を立て、焦点を絞り、構成をすっきりさせたいと思いました。 非常に具体的な計画に基づいて作業することで、ブログを軌道に乗せ、より成功させることができると考えています。

私は新しいブログ(Alpha Student)を立ち上げたばかりですが、これは多くの計画、ブレインストーミング、そして頭を悩ませることを意味しています。 読者としてどのようにカテゴリーを使うか、そしてブログ界で一般的にどのようにカテゴリーが使われているか、よく考えるようになりました。

手始めに、私の最初のブログである The Office Diet で、多くのブロガーと同様のプロセスを踏みました。

  • その後、連載や既存のカテゴリに当てはまらない記事を追加していきました。
  • そうしているうちに、知らず知らずのうちに、よくある間違いをいくつも犯していました。 これから、4つの大きな間違いを見ていきます。また、他のブログから、カテゴリ リストをもっと効果的に計画できたと思われる例をいくつか紹介します。

    そして、間違いをいくつか紹介した後で、間違いを避けるために、カテゴリを効果的に選択する方法を説明します。

    Mistake 1: Failing to Plan

    ほとんどのブロガーが犯す間違いは、まったく計画を立てないこと、そして、計画を立てたとしても、その計画を現実に合わせて調整することに失敗することです!

    The Office Diet では、最初の月(1月)に読者のためにいくつかのダウンロードできるリソース、たとえば食事日記のテンプレートなどを作成したいことがわかっていました。 そこで、「リソース」というカテゴリーを設け、この種の投稿を保管することにしました。 しかし、実際には、ほんの一握りしか書いていません。

    他のブロガーの中にも、前もって計画していなかったり(特定の投稿のためにカテゴリを追加する場合、「このカテゴリを頻繁に使用するかどうか」自問する)、計画が実際に起こることとまったく一致していなかったりして、同様の問題に遭遇した人がいると思われます。 “Sunday Conversation” には 3 件の投稿しかありません。 これは推測ですが、トレントはおそらく、特定のトピックについて書いた日にこれらのカテゴリーを追加し、再び使うかどうか前もって計画していなかったのだと思います。

    Mistake 2: Using Categories for Series

    ProBlogger や Daily Blog Tips など、多くの大きなブログは、シリーズにカテゴリーを使っています。 私は、「オフィスダイエット」で、「基本」、「健康な心」、「言い訳崩し」のシリーズを書いたとき、同じことをしました。

    初めてブログを訪れた読者は、カテゴリを使って興味のある記事に移動する可能性が高いです。 カテゴリ名はしばしば自明ではありませんし、1 年前に連載があった場合、そのカテゴリの投稿はすべて古いものになります。 多くのシリーズを運営していると、カテゴリーリストはすぐにごちゃごちゃになってしまいます。 そして、カテゴリをクリックしてシリーズをナビゲートすることは、しばしば投稿の複数のページをスクロールすることを意味し、読者にとって苦痛となります。 シリーズの各記事の上部と下部には、シリーズ全体へのリンクを保持するインデックス記事 (またはページ) へのリンクがあるべきです。

    短いシリーズ(10記事以下)であれば、すべての記事の一番上にインデックスを置くこともできます。

    間違い3:異なる粒度のカテゴリー

    カテゴリーに関する非常に一般的な問題は、カテゴリーを同じ粒度で維持できていないことです。 つまり、あるカテゴリーは非常に広く、他のカテゴリーは非常に狭くなっている可能性があるということです。 これは、計画を立てなかったことが原因であることが多いです。1~2時間座って、いくつのカテゴリーを用意するか、また、どの程度幅広く、あるいは詳細にするかを大まかに決めるとよいでしょう。

    ニッチに狭く焦点を当てたブログは、読者が特定の領域で専門家のアドバイスを探していると思われるので、狭い、特定のトピックを持つでしょう。 非常に広い範囲をカバーするブログは、読者が興味のない分野を除外できるように、広いカテゴリを必要とします。

    プロブロガーでは、カテゴリリストが狭すぎる分野をカバーしている項目があることを提案します。 たとえば、「Yahoo Publishing Network」は、「Advertising」や「Blog Networks」などのカテゴリと比較すると、非常に特殊です。

    Mistake 4: Inconsistent Category Naming

    ある時点で、ブログでカテゴリ一覧に出会い、いくつかのカテゴリが一体何を意味しているのかと思ったことはないでしょうか。 おそらくほとんどは、「読者からの質問」や「コンテンツの書き方」のような自明なものだったと思いますが、「特別」に出会ったことがありますね。 特別って何?

    あるいは、一語のカテゴリーがきれいに並んでいるブログを見たとき、5語のカテゴリーがあり、その重要性に比べて不釣り合いな量のスペースが取られているのを見たことがあるかもしれません。 (通常、カテゴリの名前が短いほど、その範囲は広く、含まれる投稿の数も多くなります。)

    これは小さなポイントですが、大文字と小文字を統一することです。 私のお気に入りのブログの 1 つである The Change Blog では、2 つ(「ブログ カーニバル」と「個人の成長」)を除くすべてのカテゴリを大文字にしていますが、私にはこれは少し奇妙に見えます。

    もう 1 つの問題は、カテゴリの一部が非常にフォーマルな名前(「財務、倹約、投資」)で、その他が俗語やおしゃべり(「すばやいヒント」、「簡単に勝つ」)だという場合です。 カテゴリの名前の付け方は、ブログ全体のトーンを設定する上で重要です。 ほとんどのブログテンプレートでは、カテゴリリストはトップページに表示されます。つまり、見出しの文言と同じくらい、カテゴリの文言にも配慮する必要があります。

    Doing It Right

    さて、カテゴリに関して人々が犯しがちな間違いを見てきましたが、あなたは自分のブログを呆然と見ているかもしれませんし、これから立ち上げるブログの計画を再考しているかもしれませんね。 www.alphastudent.com/categories でカテゴリ ページを見ることができます(トップページにはカテゴリをリストアップしないことにしました)。

    Rule 1: As Few Category As Possible

    私のブログ デザインにより、リストに快適にフィットするように、カテゴリ数を抑える必要がありました。 また、各カテゴリの最新投稿を表示するスペースも必要でした。

    ほとんどのブロガーは、できるだけ少ないカテゴリを使用することで利益を得ることができます。 これは、サイドバーにブログが散乱するのを避け、読者に何十もの異なるトピックの禁断のリストを提示するのを避けます。

    Alpha Student は「大学での時間を最大限に活用する手助け」という広い使命を持ち、試験テクニックに関するアドバイスから、休憩が必要なときに遊ぶフラッシュ ゲームのリストまで、すべてをカバーします。 私はカテゴリを決めました:

    Academic
    Career
    Financial
    Personal
    Practical
    Social

    ブログを計画するとき、本当に必要なカテゴリがいくつあるか考えてみてください・・・2つの話題を1つにまとめられないでしょうか。

    既存のブログがある場合は、カテゴリリストを見て、不要なものがあれば書き留めてください。

    Rule 2: Don’t Be Too Specific

    少なくとも最初は、あまり具体的になりすぎないようにする。 私は意図的にトピックを非常に広くしておきました。 学術」を「エッセイ」「試験」「講義」「ゼミ」などに分けてもよかったのですが、「学術」を「エッセイ」「試験」「講義」「ゼミ」などに分けてもよかったのです。

    たとえブログがしばらく続いていたとしても、いくつかのカテゴリが狭すぎることに気づくでしょう。 たとえば、「小論文の計画を立てる」「小論文の一行目」といったテーマで、小論文の書き方のシリーズをやろうと思っています。

    そこで、これらの投稿をすべて「アカデミック」に分類し、アカデミックセクションを閲覧している読者が簡単に見つけられるようにしようと思っています。 (読者の大半は、最初から最後まで座って全シリーズを追うことはないだろうということを念頭に置いてください。)

    また、シリーズの投稿のリストを含む、シリーズを発表する単一の投稿を用意し、各投稿へのリンクを貼る予定です。

    あなたのブログでは、どのようにシリーズを管理していますか(またはどのように管理する予定ですか)?

    コンテストやプレゼント、その他の単発の企画についてはどうでしょうか。

    Over to You

    この記事の冒頭で述べたように、ブログのカテゴリ選択について書かれたものはほとんどありません。 このトピックについて、皆さんの考えを聞かせてください。 カテゴリはそれほど重要ではないとお考えですか?

    アリは、学生が大学での時間を最大限に活用することを支援することを目的としたブログ、Alpha Studentを立ち上げたばかりです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。