Articles

シウバ vs. ソネン II – Now It’s Even More Personal

多くの理由から、7月7日の有料放送はUFC148と題するべきでしょう。 最後に

2年近く待たされた後、UFCファンは、オリジナルの試合が終わったまさにその瞬間から待ち望んでいた再戦の再戦を見ることができるだろう。 UFCミドル級チャンピオン、アンダーソン・シウバがチェール・P・ソネンと再び戦うのだ。 UFCの歴史上、最も長く在籍し、最も重要なファイターの一人であるティト・オルティスが、UFCの殿堂入りを果たし、オルティスの最後のケージファイトで、同じ元UFCライトヘビー級王者のフォレスト・グリフィンと3度目の対戦を行う。

これら2つの言及されたイベントがUFC148で瞬間的であるように、UFC愛好家が長い長い間期待していた何かが月曜日に「ついに」起こったのです。 シウバがソネンに怒ったのだ。 本当に怒っていた。

UFC148について、MMAメディアのメンバーだけでなく、4人の述べられた競技者とUFC社長ダナ・ホワイトとの電話会談で、「ザ・スパイダー」は彼の言葉を使いました。 シウバの通訳兼マネージャーのエド・ソアレスは、ミドル級ディフェンディング・チャンピオンの熱い叫びについていくのに懸命で、ポルトガル語の甘い機微がこれほど激しく語られたことはなかった。 3年近い時間をかけてきたソネンだが、対決まで2週間を切り、”ついに “シウバを “攻略 “したようだ。 そのため、”崖っぷち “と呼ばれることもあり、”崖っぷち “であっても、”崖っぷち “でなくても、”崖っぷち “であることは間違いない。 そのため、このような “忖度 “をしてしまうのです。 そして、彼がそこに入ったとき、彼は芸術家だ。 彼は他の人ができないことをする。 この男の戦いを見るために来ているんだ」

まさにその通りだ。 シウバはオクタゴンに出場した14試合すべてで勝利し、2006年10月にUFC2戦目で当時の王者リッチ・フランクリンからベルトを奪って以来、UFC史上最も手強い王者となった。 2010年のファイト・オブ・ザ・イヤーに認定されたUFC117でソネンを5ラウンドで下して以来、シウバは昨年、トップコンテンダーのヴィトール・ベウフォートと岡見勇信を一方的なタイトル防衛戦で粉砕してきた。 これまで、シウバはケージの中で、特にいつもは激しい計量での睨み合いの中で感情をあらわにしてきたが、プレスの質問に答えるときにこのような形で解き放つことは決してなかった。

「まず第一に、チェイラーは犯罪者だ」シウバは唖然とした聴衆に向かって言った。 “彼は犯罪で有罪判決を受け、オクタゴンの中にいる資格はない。 その時が来たら、その時はその時だ、俺は奴の顔をへし折り、口の中の歯を一本残らず折ってやる」

ワオ。 シウバとソネンの初対決に至るまで、ソネンはミドル級チャンピオン対決のための宣伝列車を煽る引用マシーンとしての重責を担っていた。 少なくとも電話1本で、ペイパービューを買う大衆の食欲をそそるような金言を紡いだのはソネンだけではなかったのだ。 韻を踏んでいないかもしれないし、ソネンの有名な引用句のように巧みな言葉遣いではないかもしれないが、ブラジリアンの炎は、彼が敵を解体したことを説明するときに明白であった。

「チェール・ソネンは、これまでにないほど尻を蹴られることになるだろう」とシウバは断言した。 「オクタゴンの中で私がやることは、このスポーツのイメージを変えるようなことだ。 彼のお尻を今まで殴られたことがないように殴るつもりだ。 歯は全部折れ、腕は折れ、足は折れ、一人でオクタゴンから出られなくなるようにする。 保証する 彼が聞いていることは知っている 試合は終わった もう話すことはない。

この獰猛さを促進し、不屈の敵、銀の舌を持ち、容赦ないレスラーで、シウバのUFCレガシーにつきまとうという人も多いのが、”アメリカのギャングスター “ソネンである。 27勝11敗、オレゴン州ウエストリン出身のソネンは、最終ラウンドの終了間際に三角絞めで屈するまで、20分以上もチャンプを打ち続け、シウバの弱さを見せつけた。 しかし、ソネンはUFC136でブライアン・スタンを下し、1月のUFC on FOXではマイケル・ビスピンを全会一致で下し、ミドル級戦線に復帰した。 ソネンは、2年前に王座を獲得しかけたのと同じ自信をもって、この待望の再戦に臨んでいることは明らかである。

「アンダーソンが初めて試合をすることになっただけだ」とソネンは断言している。 「アンダーソンは本当にいいセットアップをする男だと思う。 彼は多くの動きとモーションを使って、相手をセットアップするんだ。 でも、結局のところ、彼のスキルはアマチュアなんだ。 両手を下げて殴り合うのはアマチュアだ。 このような状況下において、「己の信念を貫く」ということは、「己の信念を貫く」ということであり、「己の信念を貫く」ということは、「己の信念を貫く」ということであり、「己の信念を貫く」ということは、「己の信念を貫く」ということである。

「言っておくが、この一戦はかなり賭け金が高いぞ」とソネンは語った。 「大学や高校でやっていた、相手にポイントを稼ごうとしたり、相手にポイントを稼がせたりするのとは大きな違いがあるんだ。 僕は相手を傷つけようとしているし、相手も僕にダメージを与えようとしている。 賭け金はもっと大きい。 これはこの夏最大のスポーツイベントであり、それには理由がある。 私たちは2年間、あることについて話し合ってきた。 2人が決着をつけるのを 待ってるんだ これほど重みがあり 観客やメディアだけでなく 参加する選手たちも 感動する試合はない 賭けの対象が全く違う。 ふざけているわけではありません。 彼は私の顔を壊すなんて言って、面白いと思っている。 ミディアムレアの2文字があると伝えてくれ」

ソネンがシウバと会う前に、ファンのお気に入り同士の面白い3部作に決着をつけるだけでなく、比類のないUFCキャリアを締めくくる、重要な再戦も行われることになる。 「ハンティントンビーチのバッドボーイ “は、15年にわたり総合格闘技界に君臨してきた。 オルティスのキャリアは、勝ち負けよりも、保持・防衛したタイトルよりも、そして驚くべきことに、オクタゴンの中での26試合よりも多く存在する。

アルティメットファイター以前の数年間、”ハンティントンビーチの悪ガキ “は、ほとんどすべての有名なライバル関係の一部であり、彼がオクタゴンに足を踏み入れるたびに、それは記憶に残るものであった。 オルティスは、ライオンズ・デン、ケン・シャムロック、フランク・シャムロック、ヴィトール・ベウフォート、ワンダレイ・シウバ、ランディ・クートゥア、そしてもちろんチャック・リデルを相手に旋風を巻き起こしたのである。 一時期、オルティスは、ケージの中で戦う2人の男をスポーツに変える無形の要素をほぼ独占していた。 しかし、ファンにとって最も記憶に残るのは、試合後にケージの上にまたがり、熱狂的な観衆に向かって「I love you」と叫ぶオルティスのシーンであろう。

「この15分間を15年間待っていたんだ」とオルティスは言った。 「私の人生の15分間を捧げなければならない。 フォレストが誰なのか、彼がどう戦うのか、そしてどう戦うのが好きなのか知っている。 これから1週間、できる限り多くのことを吸収し、この8週間やってきたことを続け、勝利のメンタリティーを持ち続けるつもりだ。 この試合は私にとって世界的な意味を持つものであり、7月7日にこの試合がどれだけ私にとって重要であるかが示されることになる。 この試合は遊びでもなく、悪口でもなく、戦うためにやってくる。 フォレストも私も準備はできている、だから戦おう。 殿堂入りに関しては、ダナやロレンツォ・フェルティッタが私に殿堂入りを提示してくれたことにとても感謝している。 MMAとUFCに打ち込んできたからこそ、今の自分があり、感謝している」

3度目の対戦でオーティズのケージを挟んで立つのは、初代TUFウィナーで元205ポンド王者、そして意外にもニューヨークタイムズのベストセラー作家に2度なったグリフィンである。 グリフィンは過去2度、オルティスと対戦し、2度のスプリット判定に持ち込み、直近のUFC106で勝利している。 33歳近いグリフィンは、昨年2月にフランクリンに明確な判定勝ちを収め、8月の再戦ではマウリシオ・ルアにノックアウト負けを喫し、1勝1敗となった。 グリフィンは、オルティスのような感情的な負担はないが、ライトヘビー級戦線の中心的存在として、グリフィンは、特にオルティスのような敵対者を相手に、勝利の軌道に戻ることをこれまでと同様に熱望しているのである。

「明らかに、我々はいくつかの歴史を持っている」とグリフィンは言った。 「このような試合のために準備しすぎることはない。 彼の最近の試合は、彼が望んでいたようにはいかなかったし、私も同じようなことがあった。 7月7日、ネバダ州ラスベガスで開催されるUFC148では、UFC史上最も話題になった一戦の決着がつくことになる。 この一戦は、大げさな宣伝は必要なかったが、今や恐ろしく真剣なシウバと、常に準備万端のソネンによって、大きな後押しを受けた選手権試合である。 また、格闘界の先駆者の一人であるオルティスがグリフィンに挑むことで、現世代のファイターに火をつけた2度の対戦相手と、オクタゴンでの最後の試合を行うことになる。 正直言って、これは今年必見のMMAイベントである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。