Articles

オバマ氏のノーベル平和賞受賞を撤回せよ

ニューヨーク・タイムズ紙は、戦時下で最も長く大統領を務めた人物が、就任後わずか9カ月でノーベル平和賞を受賞したという皮肉に言及した。 しかし記事は、オバマを前任者から引き継いだ重荷の下で労働する消極的な戦士と特徴づけた。 この記事はまた、米国の戦争遂行方法の本質を変えようとするオバマの努力に焦点を当て、従来の地上軍による介入よりも、ドローンによる攻撃や標的を定めた特殊部隊による作戦に依存するようになった。 しかし、そうすることで、タイムズ紙は話の半分しか伝えていない。

ノルウェー・ノーベル委員会は、2009年の平和賞をオバマ大統領に授与した理由を「彼の外交は、世界を導くべき者は、大多数が共有する価値と態度に基づいてそうしなければならないという概念に基づくものである」と述べている。「

4年後、超法規的処刑、即決または恣意的処刑に関する国連の特別報告者であるクリストフ・ハインズは、ジュネーブの会議で、オバマ大統領の無人爆撃機プログラムは、他の国家が長年の人権基準を破ることを奨励し、50年にわたる国際法を脅かしていると述べた。

オバマ大統領の無人機攻撃プログラムが、国際法に違反する超法規的処刑をどの程度制度化しているかは、ジェレミー・スケーヒルとオンラインニュース誌『The Intercept』のスタッフによる新刊『The Assassination Complex: Inside the Government’s Secret Drone Warfare Program』で文書化されています。

この本について議論するためにデモクラシー・ナウ!に出演したジェレミー・スケーヒルは、無人爆撃機が戦争を行うよりクリーンで人道的な方法であるというオバマ政権のばかげた主張を否定しました。 「これは、並列法制度に相当するものの下で認可され、運営されているグローバルな暗殺プログラムです… 大統領と彼のアドバイザーは、世界中の人々の裁判官、陪審員、死刑執行人の役割を果たします」

The Assassination Complexで最も驚くべき発見の一つは、アフガニスタン北東部で活動する無人機攻撃プログラム、ヘイメーカー作戦に関する政府の秘密文書の公開に関わるものです。 政府自身の文書によると、ある5ヶ月の間にアメリカの空爆で死亡した人の約90%は、意図したターゲットではなかった。

またニューヨークタイムズは、オバマ大統領がイラク、アフガニスタン、シリア、リビア、パキスタン、ソマリア、イエメンの計7カ国で、議会の承認なしに軍事行動を起こしたと報じた。

統合特殊作戦司令部の下での米軍の軍事力の転移は、2013年のスケーヒルの著書とドキュメンタリー映画『ダーティ・ウォーズ:世界は戦場だ』で初めて記録されたものだ。

「米特殊作戦司令部(SOCOM)の広報担当のロバート・ボックホルト陸軍中佐によれば、2014年9月30日に終了した会計年度中、米特殊作戦部隊(SOF)は133カ国(地球上のおよそ70%の国)に展開した」と、タルセはThe Nationの2015年1月の記事で報告している。 “これは、同国の最精鋭部隊が世界150カ国以上で活動し、殺害/捕獲の夜間襲撃から訓練演習に至るまで様々な任務を遂行した3年間を締めくくるものであった。”

2015年4月に発表された2つ目の記事で、ターゼは「(i)2014年、米国はアフリカ全域で674の軍事活動を行い、1日にほぼ2つの任務を遂行した。これは、2008年に米アフリカ司令部(AFRICOM)が設立されてから、年間の作戦、演習、軍事対軍事訓練活動の数がほぼ300パーセント急増した」と報じた。”

期待に基づいてノーベル平和賞を受賞することは前例がないことである。 しかし、8年間も戦争を続けた後、ノーベル委員会はもう1つ前例のない行動を取るべきだ。 それは、オバマの平和賞を取り消し、賞金の返済を要求することである

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。