Articles

なぜ結婚前の同棲は罪のある生活とみなされるのか?

Question: “なぜ結婚前の同棲は罪の生活と見なされるのですか?”
答え。 この質問は、もし聖書が「結婚前や結婚前の同棲は罪である」というような明確な宣言をしていれば、もっと簡単に答えられるでしょう。 聖書はそのような明確な宣言をしていないので、多くの人(クリスチャンと公言する人も含めて)は、結婚以外の同棲は罪の中に生きているのではないと主張します。 おそらく、聖書が明確な記述をしていない理由は、聖書の時代には、未婚の人が夫婦として暮らすという取り決めは、特にユダヤ教徒やキリスト教徒の間では比較的まれであったからでしょう。 本稿では、同居という場合、結婚していなくても、性的関係を含めて夫婦として生活しているという意味での同居を指すことにします。

聖書は罪のある生活について明確な記述はしていませんが、この問題に関して聖書が完全に沈黙していると言うわけではありません。 むしろ、いくつかの聖句を並べて、そこから一人の男性と一人の女性の結婚以外の性行為は罪であるという原則を導き出さなければならないのです。 神が性的不道徳を禁止している聖句は数多くあります(使徒15:20; 1コリント5:1; 6:13, 18; 10:8; 2コリント12:21; ガラテヤ5:19; エペソ5:3; コロサイ3:5; 1テサロニケ4:3; ユダ7)。 これらの節で「性的不道徳」や「姦淫」と訳されているギリシャ語はporneiaで、文字通り「不法な欲望」を意味します。 合法的な性の形は一人の男と一人の女の結婚だけですから(創世記2:24、マタイ19:5)、結婚以外のことは、それが姦淫であれ婚前交渉であれ同性愛であれ、違法、言い換えれば罪となるのです。 ヘブル13:4は、結婚の尊い状態について述べています。 「神は姦通者とすべての性的不道徳な者を裁かれるので、結婚はすべての人に尊ばれ、婚姻の床は清く保たれるべきです。 この聖句は、純粋で高潔なもの-結婚-と、性的に不道徳なもの-結婚以外のもの-を明確に区別している。 結婚以外の同棲はこのカテゴリーに入るので、罪である。 合法的な結婚の外で一緒に暮らす人は、神の不興と裁きを受けることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。